心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

遺言書作成をおこなってみる

ライフスタイルが多様化されていて、昔では考えられないようなことに関しても行われるようになりました。その影響からか遺言書作成を考えるような人も増えていて、実際には市販されている本や、キットなどが売れているそうです。

遺言書作成に関しては、ルールにしたがって作成を行うことでスムーズな作成ができるようです。しかしながら、遺産の意味合いや相続に関しての基礎的な知識を知っておく必要があり、しっかりとしたルールのもと作成することが求められています。不明や疑問などがある場合においては、専門家や法律家のサポートを得ることで、スムーズな作成を行うことができるでしょう。

正しく遺言書作成を進めるために

相続をするときには避けては通れない遺言書ですが、正しい書き方や書式はご存知ですか。署名や捺印は必要なのか、日付や宛名書きはどうしたらよいかなど、分からないことがたくさんあると思います。

インターネットで検索すると、いろいろなサイトで書き方を調べることもできます。無効にならないように、パソコンを使用したり他人に代筆してもらったりせず、必ず自筆で書きましょう。遺言書作成を依頼する専門家には、弁護士と司法書士、そして行政書士があります。遺言書が確実に施行されるように、専門家に頼んで仕上げる公正証書遺言を検討するのもよいかもしれません。

遺言書作成の期限を決める

特に期限を定めているわけではありませんが、定めていないと残されない可能性があるので、この時までには作っておこうという部分を決めておきます。遺言書作成の場合は、しっかりしたものを準備しておかないと、効力がないために無効と判断される可能性があります。

無効になってしまうと、自分が思っているような分割を期待することができなくなり、残されている遺族が後悔することとなるでしょう。そうした気持ちを持たれないようにするためにも、遺言書作成をしっかり実施していくことが大事になりますから、期限を設けて準備を行ってください。

遺言書作成は早めにやっておくとよい

生前の財産のうち、何を、どれだけ、誰に相続するかを指示したものが遺言書です。この遺言書作成には様式が決められているうえ、いつ死んでしまうかわからないタイミングで考えるようなことではないのです。

そのため、十分前もって、冷静な状態で文書作成を行うことをお勧めします。その前には自分に相続できる財産は何があるかをリストアップしておき、ごく普段の関わりや、自分の意志を反映した分配を決めておきます。ここまで決まれば、後は様式に従って、文書を完成させるだけです。行政書士に依頼すると、作成から預かりまで行ってくれます。

遺産分割協議、遺留分、遺言書作成など相続手続きの相談なら

弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺産相続、遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

遺言書作成・相続手続きに関連する記事

笑顔になれる弁護士相談

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料