心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

弁護士や司法書士に相談する債務整理と過払い

債務整理をする前に過払い金が発生していないかを調べることが多いですが、過払い金の返済を行えないまま放置している人もたくさんいるようです。

過払い金は支払わなくてもいい分の利子です。しかし、それでもなおそのままの状態になっているのはなぜでしょうか。

まず、過払い金が発生しているという事に気がついてないというのが原因の一つと考えられます。過払い金は複雑でややこしいためです。正確に把握しようと思えば、弁護士や司法書士などに相談しないとわからない事もあります。

そのため、弁護士や司法書士などの専門家に相談すると費用がかかる事もあります。これらの理由により放置されている過払い金は少なくない状態となっています。

過払いの時効と司法書士相談

どんなに有能な司法書士であったとしても、すでに過払いの時効が過ぎてしまっている場合には相談したとしても、金融機関に請求し金額が得られるという事は期待できない場合が多い様です。過払いの時効は誰かが知らせてくれる分けではありませんので、自分で把握して早めに司法書士相談を受けるのがベストと言えるでしょう。

過払いの時効が気になるが詳細が分からない人は、早期に司法書士に相談すると、取引履歴を金融機関に対して開示してもらう様に依頼する事ができます。司法書士に相談して無事に過払いを解決するためにも、遅くならない方がいいでしょう。早速過払いについて強い司法書士を探してみませんか。

多重債務の利息には過払い金が発生している可能性が

借金に悩んでいるかたは好きなくはありませんが、返済を繰り返すことで利息金の支払いも増加していきます。特に多数の金融機関から借り入れをしている多重債務者においては、利息を支払い続けたことによって過払い金が発生している可能性が高く、過払い金を金融機関に返済を要求することで、今ある借金の額が減ったり、なくなったりする可能性も高いのです。

また、返済が終了していても過払い金の請求を行うことは可能です。請求を行うには、自己で行うのは大変面倒であり、時間もかかりますので、弁護士に相談することが大切となります。

弁護士が過払い金の債権者向けセミナーをする長所

弁護士が過払い金の債権者向けセミナーを開くと、参加者の数に驚く、過払い金の解消に効果的という長所があります。セミナーに参加すると、参加者達の多さにびっくりすると想定されます。

日本は長く不況が続いていたことから、お金を借りる人が多かったのは自然の流れと言えます。 セミナーで弁護士の話を聞いていくと、過払い金の内容が頭に入ってきます。そして、その過払い金を解消させる方法を聞くと、お金が戻ってくるという可能性が出てきます。

過払い金返還訴訟で控訴されるケースは?

一般的に過払い金返還訴訟を行った時に第一審で勝訴をしても控訴されてしまうケースとして考えられる事態というのは、過払い金の返還を命じられた相手側が判決に納得いかないという事を言ってきたという場合が殆どの物となっています。

しかしこのケースにはこれ以外にも時間の引き延ばしを目的とした物や取引の分断の問題、悪意の受益者の問題といった物がある物となっているのです。 この中でも厄介な物となっているのが取引の分断の問題や悪意の受益者の問題といった法律的に難しい争点があるケースで、これ等によって引き起こされる控訴審においては第一審と真逆の結果が出る可能性も高い物となっています。

弁護士と司法書士がおこなう過払い請求について

借金相談については、一般的に弁護士のような専門家に相談しますが、借金の総額が140万円以下ならば、認定を受けている司法書士に依頼することができます。過払い請求についても、借金総額が140万円以下であれば、認定司法書士に依頼することが可能です。

どちらの専門家に依頼したとしても、メリットやデメリットがありますので、自分にあった方を選ぶことです。140万円を超える借金の場合には、自力でおこなうか弁護士に依頼することです。専門家に依頼するかどうかを迷っているようであれば、まずは早期に相談をすることです。

弁護士相談に関連する記事

笑顔になれる弁護士相談

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料