心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

遺産相続手続きの遺留分について

遺産相続手続きで、度々問題になるのが、自分の遺産相続の配分に納得できないといったケースです。例え遺言書に書かれていたとしても、最低保証されるべき財産がなかった場合は、他の相続人に対して請求することができます。

これを遺留分減殺請求と言います。また、その相続人がもし先に亡くなった場合は相続人の子供が代わって請求できます。この場合、代襲相続人として請求することができます。ですが、この請求は、この遺言書を知った日から、一年以内という期限がありますから注意が必要です。そのため内容証明で、遺留分を請求する旨を伝える必要があります。

遺産相続手続きにおいて遺留分の手続き方法

遺産相続手続きにおいて遺留分減額請求は、本来もらえるはずの財産をある一定の親族の人が受けることができる財産を請求するというものですが、特別に何かしなければならないようなことがあるのでしょうか?

基本的には特別な手続きは必要がなく、相手に自分が遺留分減額請求をすることを伝えればいいだけですので、それで話が済めば、相手から一定の金額分の財産の分与を受けるだけで全ての手続きは完了になります。問題になってくるのは相手の人が「嫌だ」といった場合でこうなった場合には裁判などでお互いの主張を第三者に間に入ってもらって見てもらう必要があります。

遺留分の遺産相続手続き

遺産相続手続きの中で遺留分制度を使用しようと考えている人がまずやらなければならないのが、遺言などによって既にある一定の遺産の分与を受けている相手に、「遺留分減額請求をする意思がありますよ」というアピールをすることです。

アピールの仕方としては直接電話で話をしてもいいですが、電話ですと話をしたという証拠が残らないため、後々揉めることがありますので、きちんとした書面に残して、郵便で書類を送付する方が間違いはありません。ここでこの書面に対して相手が財産の分与に応じないようなことがある場合には裁判に持ち込むことになります。

遺産相続手続きで気を付けたい遺留分の存在

遺産相続手続き程、多くの人が経験することでありながら実生活からかけ離れた存在はないでしょう。これは、このテーマで書かれた本がベストセラーになったことからも分かります。それほど分からないことが多いということなのでしょう。

遺産相続は、被相続人が自由に分与や分割などをして良さそうに思えます。しかしながら、遺産を目当てにしていた遺族にとっては、もし遺言書に他人に遺産相続をするなどとあれば大事です。

ここで気を付けたいのが遺留分です。これは、配偶者、直系卑属、家を継いでいく子供に保障されているものです。一定の条件を満たしていれば、最低限の遺産相続を認めようとするものです。

遺産相続手続きにおける遺留分などの方法について

遺産相続手続きをする際に、自分たちだけでおこなう事も可能となります。しかしながら、遺産の手続きがスムーズにおこなわれなかった際や、細やかな処理や対処の仕方において知らないまま、手続きを行ってしまうケースが考えられます。

万が一、遺留分などの制度を知らなかった場合、故人の作成した遺言書通りに進めなくてはなりません。相続人一人一人において、保証されることがあるのを知らないことは、恐ろしいことと言えます。そのような事態に発展させていかないように、弁護士や司法書士などといった、公平な立場の専門家を依頼することです。

相続手続きは弁護士に相談してください

遺産相続の割合に納得できない、相続の手続きに不満があるという方は、弁護士などの法律事務所に相続手続き相談をしましょう。特定の相続人に遺産が多すぎる、亡くなった方が、残した遺言書の内容に不満がある、親の介護などを寄与度にしっかりと、反映して相続してほしいなど、いろいろな不満を持っている方は、弁護士に依頼をすることで解決することができます。

弁護士に相談するのは、無料相談を行っている事務所が多いので、相続手続きで少しでも疑問がある場合は、相談してください。自分でできる方法など、アドバイスしてもらうことが出来ます。

遺言書作成・相続手続きに関連する記事

笑顔になれる弁護士相談

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料