心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

TOP > 遺言書作成 > 遺言書作成の方式を決める

遺言書作成の方式を決める

遺言書作成と聞くと、資産がある一部の人が作成をおこなうイメージがあるでしょう。しかしながら、ここ最近においては遺産の希望に関わらず、遺言書の作成を行なう人は多いようです。そのような遺言書に関しても方式がありますので、そのような方式に沿って作成することが求められています。

遺言書の方式については、自分で全文作成する方法についての自筆証書遺言や、公証役場で証人に遺言書の作成を代理してもらう公正証書遺言の方法があります。また、他の人に秘密で作成を行なう秘密証書遺言などがあり、考えている以上に作成方法があります。

弁護士がサポートする遺言書作成

弁護士がサポートする遺言書作成については、法律を熟知していることがあげられますので、安心してサポートの依頼ができるでしょう。弁護士のハードルが高いように思っている人も大勢いることでしょう。

しかしながら、遺言書に関してはルールがありますので、できる限り法律家のサポートを得た方がいいでしょう。そのような人に関しては、司法書士や行政書士などの法律家や専門家などに、遺言書を作成するサポートを依頼することができるようです。そのような場合においては、初回が無料になるようなケースもありますので、そのようなお得な可能性も探しつつ利用してみると楽しいでしょう。

遺言書作成を実現して余裕を持つ

かなり前に作っておくといいのが遺言書で、実際に遺言書作成はかなり前からスタートさせることができます。実際に作成していく場合には、確認を取ってもらうことも大事になりますが、最終的に変わっていくかどうかは弁護士次第となります。

その変更点がしっかり出てくるようなら、自分が間違っているところも直してくれるでしょう。とにかく取り掛かりを早くするようにして、遺言書を少しでも余裕を持って作っていく必要がありますので、なるべく作成する時間をしっかり確保してください。わかっている間に作っていないと、将来的に作れなくなる可能性があります。

とても難題が多い遺言書作成

難題として提供されている部分として、遺産をどのように分割していけば安心できるのかがわかりづらい面を持っています。不動産などを保有している場合に、遺言書作成によってある程度分けられるように調整しなければなりませんが、住宅を分割して支給するなんて話はありません。

つまり誰かに支給する方針を決めなければなりません。遺言書作成を行っていくのは、確実に分割できる方針を取るために大事になっています。もしわからない部分が多くなるようなら、弁護士に話をすすめるようにするなど、わかる方針を取っていく形になるでしょう。

元気なうちに遺言書作成をするメリット

自分がまだ元気なのに遺言書作成をすることに抵抗がある人は多いです。しかし、元気なうちに作成しておかないと、健康を損なってからでは、自分の財産を整理する気力や体力がなくなったり、後悔する可能性もあります。

遺言書を作るメリットは、まず、自分のいなくなった後、残された大切な家族が遺産で揉めることがなくなります。次に、残された家族の相続にかかる負担を減らすことができます。誰にどんな遺産を、どれだけ渡すか考えるのは、想像以上に大変なものです。遺言書があれば、それに沿って動けばいいので、家族の気持ちも楽になります。元気なうちに自分の財産を把握し、遺言書作成を進めましょう。

遺言書作成・相続手続きに関連する記事

メニュー

TOP 過払い 過払いの手続き 交通事故相談 交通事故慰謝料 交通事故慰謝料弁護士基準 むちうち慰謝料相場 相続手続き 遺言書作成 相続税税務調査 モラハラ離婚 弁護士大阪 弁護士千葉

笑顔になれる弁護士相談

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料

弁護士