心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

上限を超えた利息と過払い金の返還請求

消費者金融などの業者が消費者にお金を貸す場合、返済時に利息を請求することになります。ヤミ金などの違法な業者を除き、この利息には上限が定められており、その利息を超えた請求は利息制限法と言う法律によって禁じられています。

しかし、多くの消費者金融では利息制限法で定められた上限を超えた利息を請求しているのが現実です。そのような本来では支払わずに済むはずの利息のことを過払い金と言います。

長期間、同じ業者からお金を借りているような場合、支払わなくても済む利息の額が積み重なり、総額ではかなりの金額になっているはずです。

債務整理を弁護士や司法書士に依頼した場合、この点を重点的に調べることになります。借入れ当初からの取引の明細を詳しく調べ、過払い金の分を借金の残りから引いていきます。

そうして残った残高が本来の借金の額となるわけですが、時には余分に払いすぎたお金を差し引いた結果、借金の残りがマイナスになってしまうことも珍しくはありません。

そのような時には、業者に対して過払い金の返還請求を行って、払いすぎたお金を取り戻すことができます。

今現在、借金の問題を抱えている人もいるかもしれません。そのような人は自分ひとりで悩まずに、弁護士や司法書士に相談してみましょう。債務整理について的確な知恵を授けてくれるはずです。

司法書士の業務内容とは

多種多様な業務が行われている司法書士の事務所を選びたい時には、複数の経験者のアドバイスを参考にすることがおすすめです。 近頃は、リーズナブルな報酬額が設定されている司法書士の選び方について、多くの消費者の間で話題となることがあるため、定期的に便利な情報をキャッチすることが良いでしょう。

また、大阪の周辺の司法書士の事務所の業務内容については、数々の情報誌などで特集が組まれることがありますが、過払い金や自己破産に関する手続きの進め方をきちんと理解することによって、将来的なリスク意を回避することができます。

司法書士に過払いの相談をする

過払い請求や借金問題が起こったときは、弁護士や司法書士といった専門家に相談しましょう。 無料相談を設けていることが多いので、利用してみるのもよいでしょう。

司法書士の方が費用は安い傾向がありますが、できることに制限があります。 代理人になれるのは、訴訟の額が140万円までの簡易裁判所までです。

過払い金が140万を超えているときは地方裁判所になるので、弁護士に依頼したほうがよいでしょう。 返済から10年を経過していたり、金融業者が倒産していたりすると、戻ってこないこともあるので確認する必要があります。 訴訟費用を相手に請求することができます。

過払い金請求の交渉は弁護士へ

過払い金の請求に関する情報はインターネットでたくさん見ることができます。その中には貸主に対する交渉方法も書かれていることでしょう。しかし、一般の人が交渉するよりも弁護士に依頼することをおすすめします。

法律的な事柄を持ちだされるとわからないことも少なくないでしょうし、経験が違います。弁護士の中には過払い金に関する処理をたくさん行っている人が少なくないのです。もめ事にならないようにポイントを絞って対処してくれるはずです。そのためには自分の状況を正確に把握することが大切です。まずは身辺のローンの整理をしておきましょう。

過払い金返還請求をしてからお金が返還されるまでにかかる期間は?

過払い金返還請求をしてから実際にお金が返還されるまでの期間は、一般的に半年前後かかると言われています。これは自分で金融機関と交渉するか、弁護士・司法書士に依頼するかによって変わります。当然弁護士・司法書士に依頼した方が早く解決します。

また過払い金返還請求の方法が和解になるか、裁判によるかによって変わります。当然和解した方が早く解決します。ちなみに和解では、過払い金の元本の8割前後で妥協するケースが多いです。一方裁判は長期化しやすい反面、元本の5%の利息付きで回収できるケースが多いです。特に裁判の場合は金融機関が支払いを渋るので、1年くらいに渡り争われるケースもあります。

過払い請求は弁護士や司法書士に相談を

テレビのCMなどで、過払いという言葉を見聞きすることがあります。これはかつて、消費者金融が法定金利以上の金利でお金を貸していた時に、払い過ぎていた金額を取り戻すためのものです。主に弁護士や司法書士に依頼して行います。

2009年以前に消費者金融を利用してお金を借り、最終取引から10年以内で、債務整理を行っていなければ、誰でも過払い請求が可能です。もちろん完済していた場合でも、請求を行うことができます。まず事務所に予約を入れ、契約書や、取引明細を持参したうえで相談に行きましょう。相談だけであれば、ブラックリストに載ることもありません。

弁護士相談に関連する記事

笑顔になれる弁護士相談

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料