心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

弁護士基準における交通事故慰謝料

交通事故慰謝料に関する条件交渉が必要となった場合、怪我や入院、さらに休業が必要となった場合における様々な金銭問題についての話し合いが行われます。大きな怪我として考えられる後遺障害などだけでなく、むちうちなどの症状も慰謝料の対象に含まれます。

保険会社の担当者が介入することにより、的確な条件内容が提示されるものの、全ての問題においてトラブルなく対処されるとは言い切れません。思うように交渉が進まない場合など、弁護士への相談を行う事によって、弁護士基準での慰謝料が受けられる場合もあり、スムーズな問題解決が期待できます。

交通事故慰謝料においては、3種類の基準

交通事故慰謝料の基準となるものは、被害者側がむちうちなどで負ってしまった傷や後遺障害などが挙げられます。また、交通事故慰謝料においては、3種類の基準がありますので注意が必要となります。

自力で交渉を行おうとすると、加害者側の保険会社から安い基準での和解案を出されてしまうケースが多くあります。そのようなケースにならないように注意が必要となります。また、一番高い基準は弁護士基準でありますので、一番確実な方法としては、交通事故を得意としている弁護士に依頼をかけることです。敷居が高い場合には無料相談なども行われている事務所がありますので、利用してもてもいいかも知れません。

交通事故慰謝料における弁護士基準の詳細について

交通事故において、怪我の被害で多いのはむちうちとされています。むちうちの怖いのは後から痛みを伴うことです。場合によっては後遺障害も考えられ、認定された場合には交通事故慰謝料の金額も、大きく変わると言われています。

また、専門の機関や交通事故弁護士に頼ることで、弁護士基準での慰謝料を受け取ることができるかも知れません。この弁護士基準は、交通事故慰謝料において一番高い基準とされていますので、受け取れるようにすることです。イレギュラーなケースが起きてしまった際には、依頼している弁護士の先生に対応してもらうことが得策になります。

弁護士基準で交通事故慰謝料を請求しましょう

交通事故慰謝料は、3つの基準があります。その中で一番高額なのが、弁護士基準です。弁護士基準では、過去の事例を元に算出されるので、他の基準より高くなります。特にむちうちになっている場合、本当の症状よりも低く評価されてしまい、慰謝料を低く設定されてしまうことがありますが、弁護士に依頼をすれば、しっかりと適正な評価でむちうちを認定してもらうことが出来ます。

弁護士依頼をすることによって、後遺障害も適正に認めてもらうことが出来ますので、交通事故にあってしまい慰謝料に納得のいかない場合は、弁護士に依頼をして適正な慰謝料を請求しましょう。

交通事故慰謝料と請求するなら弁護士基準を知ろう

実は交通事故慰謝料の中でもむちうちによる後遺障害の請求に関しては保険会社と請求する側に意見が合わないことが多いのをご存じでしょうか。そういった際により自分が希望する金額を支払ってもらえるように弁護士基準という言葉を覚えておきましょう。

こちらは弁護士が使用する赤本、青本にも記載されている今までの交通事故案件について記載があるもので、実際に請求された金額が提示されています。こちらを使うことで、自分と似たケースではもっと大きな金額が動いていることを証明できればその金額の請求がかけやすくなります。弁護士さんに依頼するとより良いでしょう。

交通事故慰謝料は弁護士基準だとこんなに違う

弁護士基準は裁判の判例などを元にしており、実際の裁判でも使われています。これは弁護士が定めたものではありませんが、裁判で弁護士が被害者に代わって求めていくものなのでこう呼ばれています。自賠責保険、任意保険よりも増額されることがほとんどですが、保険会社がこの基準を採用することはありません。

交通事故慰謝料の請求は弁護士に依頼するのが一番です。事例によっては、100万円増額されたケースも過去にあります。交通事故案件に詳しい弁護士を探すことが大切ですが、その際には実績で判断できます。料金表が明確で、納得できるように説明を尽くしてくれると信頼できるでしょう。

大阪弁護士会

HP

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故相談に関連する記事

笑顔になれる弁護士相談

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料