心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

交通事故慰謝料で弁護士基準ってなに

交通事故慰謝料には様々な基準があります。自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準です。この中でもっとも低い金額になるのが、自賠性基準です。中間が任意保険基準です。最も高額になるのが、弁護士が示談交渉をするものです。この場合、依頼するならば、交通事故の示談交渉関連の裁判に強い弁護士であることが重要です。

弁護士の力量によるものがかなり大きいからです。弁護士に支払う費用の出費はありますが、支払う費用を考慮しても、弁護士に依頼する方がいいのかは、その時の話し合いで検討します。まずは無料相談から始めるのが賢明です。

弁護士基準による交通事故慰謝料について

交通事故慰謝料には一般的に3つの基準があります。その中のひとつに”弁護士基準”というものがあり、別名裁判所基準とも呼ばれています。弁護士基準により計算された慰謝料は約4倍になるケースも多くあるようで、交通事故による慰謝料を増額させたい場合は弁護士に相談するのが必須であるといってもいいでしょう。

弁護士に依頼するメリットは様々あり、面倒な交渉を自分で行うという煩わしさから解放されるのはもちろんの事、交通事故の被害者として正当な金額を勝ち取れるようサポートしてくれるのも心強い点です。交通事故は法律等、難しい問題が絡み合う場合が殆どですので是非弁護士に相談することを検討してみるといいでしょう。

交通事故慰謝料は弁護士基準を選ぶと高額になります

交通事故の被害者になってしまった場合は、自賠責保険のなかで支払われる自賠責基準が最も低い金額になります。自賠責保険は、運転者全員に強制化入が義務付けられているものなので、安く抑えられてしまうのです。次に安い支払いになるのが、任意険のなかで支払われる、任意保険基準になります。

弁護士基準を選択するのが、最も高額交通事故慰謝料をもらう事ができます。裁判をおこす事で、弁護士を立てて交渉するのですが、保険会社が裁判を避けるために、高額の金額で示談を持ちかける事も多いのです。最近では弁護士費用の掛からない、弁護士費用特約のものもあります。弁護士の相談料が0円の所もあります。

弁護士基準による交通事故慰謝料の特徴

交通事故に遭ってしまった際、被害者の方から加害者へ請求される交通事故慰謝料には、怪我に関する治療や入院の費用の他、仕事に行けなくなってしまった場合の補償も含まれています。また、死亡事故や後遺障害などの大きな事態に繋がってしまった場合においても別途、対応されるため、どのように対処すれば良いか迷いがちなケースも見受けられます。

弁護士や司法書士への相談を進めることによって、法律に基づいた判断や情報を取り入れられる他、弁護士基準としての慰謝料額が設定されます。通常よりも多くの金額が支払われるなど、メリットが挙げられます。

損しない交通事故慰謝料が請求できる弁護士基準

交通事故慰謝料の請求が行われる場合、被害者の方にとっては、どのように対処すれば良いか分からない状況に陥ってしまうケースも見受けられます。加害者との条件交渉が思うように進まなかったり、提示された条件内容に判断が示せなかったりする際には、弁護士への相談を進める事が有効的でもあります。

法律に基づいた情報やアドバイスが取り入れられるようになる事はもちろん、速やかな問題解決のためには欠かせない作業です。また、弁護士基準としての請求額が改めて設定されるため、個人的に対処するより多い金額での支払いが行われることもあります。

交通事故慰謝料で弁護士基準がある理由

交通事故慰謝料を請求する時に、保険会社としては間に弁護士が入ってしまうと自賠責での計算ができなくなり裁判基準もしくは弁護士基準で計算をしなければならなくなるのであまり喜ばれないのが実態です。最初から低い価格を提示してしまうと弁護士側から訴訟を起こされてしまう可能性がありますので、それも避けたいと思っているためです。

そのため、最近では弁護士に依頼する前に「依頼しても弁護士基準もしくは裁判基準の80パーセントくらいし出すことができない」と連絡がくる場合もあります。しかしそれにおびえずに、依頼したいのであればはっきり

千葉県弁護士会

http://www.chiba-ben.or.jp/

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13番9号

交通事故相談に関連する記事

笑顔になれる弁護士相談

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料