心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

多重債務の場合は過払い請求ができる?

複数の賃金業者から借金をしている状態を多重債務と言います。しかし、多重債務を抱えている人は過払い請求をできる可能性があります。法定金利以上の利息を支払っている場合です。過払い請求をする場合に複数の消費者金融に対して別途手続きを行わないといけない為、少し複雑になります。

弁護士に依頼すれば、しっかりと行ってくれます。弁護士に依頼する場合、費用は掛かってしまいますが、その分過払い金を得ることができます。額によっては赤字も考えられるので、利用する前にはしっかりと調べることを忘れないようにしましょう。この業務の経験豊富な弁護士に依頼すると安心できます。

多重債務者はブラックリストなど気にせず過払い請求すべき

過払い請求を行うと金融業者のブラックリストに載ってしまう事実をご存知でしょうか。完済済みの借金に対する過払い請求なら、ブラックリストには載りませんが、返済途中の借金の場合は掲載されてしまいます。

和解金を返済に充てて完済するケースだと、ブラックリストの掲載情報も削除されますが、残金が残ってしまうと掲載されたままとなります。法律事務所に相談する際は、事前にブラックリストのことを頭に入れておくべきでしょう。ただし、多重債務者の方はそのようなことを気にしている場合ではありません。未来の借金のあてを気にするより、目の前の借金返済に全力を注ぐべきです。

カード会社と長年取引している多重債務者は過払い請求のチャンス

キャッシング会社の宣伝効果により、クレジットカードの乱用で多重債務に陥る方は後を絶ちません。そんな方には、法律事務所の過払い金無料診断をお勧めします。多重債務には過払い金が潜んでいるケースが多く、特に長年継続して取引を続けている方は、過去の借金に過払い金がある可能性が高いのです。

過払い金の時効期限は、取引停止から10年間とされています。ですので、継続して取引を続けている方は、過去にさかのぼっての過払い請求が行えるのです。複数業者相手に請求を行えば、返金により現在の借金を完済したうえ、お釣りまで受け取れるかも知れません。

悪質な法律家に注意!過払い請求の弁護士費用には相場があります

法律家に過払い請求を依頼する場合、弁護士は司法書士よりも扱える金額が大きい分、報酬も高額になるのが一般的です。ですが、依頼費用にも相場がある事はあまり知られていません。訴訟なしで和解する場合は回収額の20%、訴訟を行う場合は回収額の25%が相場となっています。

様々な理由をつけて高額な料金をふっかけてくる弁護士も存在しますので、相場を踏まえて慎重に依頼先を選びましょう。他にも、過払い金に関する諸々の資料を依頼人に公開せず、実際の回収額よりも少ない金額を返金する悪質な法律家も存在します。十分に注意しましょう。

過払い請求の相談は弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

弁護士相談に関連する記事

笑顔になれる弁護士相談

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料