心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

相続税税務調査は弁護士でもOK

意外と知られていませんが、相続の税務調査って弁護士でもOKです。

弁護士は相続に関する不動産の管理などをしていることも多く、相続に通じている場合も多くあり頼りになります。

一般的には相続税の手続きをお願いした税理士という場合が多いでしょう。親族でのもめごとが発生することの多い相続では弁護士に予め依頼しておくのもいいと思います。やはりお金はもめることも多いです。

相続税税務調査でチェックの対象になる現金

相続税税務調査では、金庫のチェックがよく行われます。金庫は特に大切なものがしまわれていることが多く、その中身が相続税の申告にきちんと反映されているのかどうかを見るのです。

また、預金通帳のお金の流れを確認し、貸し金庫を使っていたということがわかれば、その貸し金庫もチェックの対象になります。 最近では、貸し金庫でタンス預金をする人がいることもあり、相続税税務調査で貸し金庫に現金等が発見されると、その現金が被相続人のものなのではないかという疑いをかけられることになります。そうならないためにも、金庫や貸し金庫は普段から整理しておいた方が良いのではないでしょうか。

相続税税務調査と重加算税が課せられるケース

相続が発生したときには、遺産を受け継ぐことになった相続人は受け取った遺産の金額に応じてそれぞれ相続税が課税されることになります。そのため、相続が発生したときには決められた期日までに相続税に関する申告の手続きをする必要があります。

この申告の手続きは直接課税される相続税の金額に影響してくるため、申告書の内容については慎重に作成をしなければなりません。万が一、申告書の内容に虚偽や誤りがあったときには相続税税務調査によってそれらの点が指摘され、申告書の書き直しや罰金を支払う破目になってしまいます。特に相続税税務調査によって故意に申告書の内容を改ざんをしていることが発覚した際には、より罰金の金額が大きくなる重加算税が課せられることになります。

相続税お尋ね後の対応の仕方

家族や親族、人が亡くなると死亡届を提出しなければならず、その提出後に税務署などから相続税お尋ねの書類が送付されてきます。こういう時経験のない人にとってはどう対応すればいいか戸惑うでしょう。

ただ、きちんと対応すれば何の問題も生じませんのでまずは、被相続人の財産債務や財産、種類、価格などを調べ記載したら、申告の義務があるかどうかを税務署や税理士に相談し、被相続人の財産合計が基礎控除額以下であれば申告する義務はなく返信せずに終了です。

相談後に申告が必要な場合は新たに相続税の申告書の作成が必要で、この場合は慌てずに、相続税の計算特例である軽減措置などの特例が可能かどうか相談しましょう。相続税お尋ねは必要であるゆえに送られてきますので、無申告は無申告加算税などの措置がとれれますので注意が必要です。

遺言書作成・相続手続きに関連する記事

笑顔になれる弁護士相談

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料