心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

交通事故慰謝料と弁護士基準の重要性

弁護士基準は、重要なものとして扱われていて、かなりの情報を得られる場合があります。交通事故慰謝料は、弁護士が出してくれる情報などによって変わってくる場合もあります。弁護士の中には、多くの経験を持っていて、対応できる範囲が広がっているケースもあります。

そうした人が、交通事故慰謝料に関連する情報を出す時、弁護士基準として提示しています。弁護士が持っている基準の数字として出されていて、この数字に何かプラスとなるものがあれば追加して、慰謝料を請求することが可能です。伝えられた金額は、ある程度目安として使えます。

弁護士基準を利用する事による交通事故慰謝料交渉のメリット

交通事故に遭遇して被害者となってしまった場合、被害者本人が専門知識を持っていなければ、不利な条件での和解案を知らずに締結してしまう恐れがあります。そうならない為にも、専門知識を持った交通事故弁護士に相談される事をお勧めします。

交通事故弁護士による交通事故慰謝料の交渉により、弁護士基準を用いた慰謝料を算出する事も可能となります。過去の事故による裁判の判例を網羅した弁護士基準を加味する事により、事故関係者では予測しきれない入通院の慰謝料、後遺症発生による慰謝料、もしくは死亡時の慰謝料を算出し、後々になってからのトラブル発生による不利益を軽減する事に役立ちます。

交通事故慰謝料を得ても弁護士基準以下なら

実際に支払いを受けたとしても、その金額が弁護士基準に満たしていないような、かなり小さいとされている金額もあります。交通事故慰謝料の場合は、結構支払いが安くなっている可能性もあり、本来ならこれくらい支払いが期待できるとされている事例でも、知らないことで丸められてしまい、金額面で期待できない状態を作ってしまいます。

かなり小さいとされている状況になってしまったら、それは基準にそって考えていく必要があります。跡から請求しても構いませんが、応じてくれない可能性も多々ありますので、1回の交渉でしっかりと考えるのです。

弁護士基準を知らないと損をする交通事故慰謝料

知らないと損をする交通事故慰謝料請求の1つに、加害者側からの示談金の提示は、提示できるギリギリの金額ではなく、ただの最低ラインギリギリの金額であるという事を忘れてはいけません。保険会社は自分の利益を得るために、自賠責基準をもとにした金額交渉をするので、騙されてはいけません。

本来交通事故慰謝料として受け取る妥当な金額は、弁護士基準に沿った金額であることを忘れてはいけません。ただ、相手もその道を生きている人間なので、簡単に素人が弁護士基準をもとに慰謝料を要求しても、応じることなんてありません。しっかり弁護士に依頼して妥当な金額を受け取るようにしましょう。

弁護士基準で増額する交通事故慰謝料

交通事故に遭ったら、まず保険会社に連絡をし、そのまま保険会社に一任していませんか。慰謝料・保険による査定が存外に安くても、そのまま受け入れていないでしょうか。実は、交通事故慰謝料は、弁護士に依頼すると大幅に増額するケースが多々あります。この弁護士を通して慰謝料などを交渉する際の指標となる金額が弁護士基準です。

その基準は交通事故に関する裁判の判例をもとに算出されています。そのため、信頼性も高く、実際に裁判に持ち込んだ際にはこれに近い相場になるといいます。ですから、なるべく出費を抑えたいと考えられる保険会社の査定との間に開きが出るのも合点がいくでしょう。

弁護士基準で交通事故慰謝料が増額する理由とは

交通事故に遭ってしまい通院が必要な怪我などを負ってしまった場合、被害者は交通事故の加害者に損害倍書請求を行うため示談交渉をします。被害者が示談交渉をする相手は加害者の保険会社の社員となり、示談の成立を急かします。しかし、そこで示談の成立をさせてしまわずに、弁護士を挟み交渉を行うことで交通事故慰謝料の増額が見込めます。

これは、交通事故の裁判判例をもととした弁護士基準の慰謝料金額になるためです。慰謝料金額にはいくつかの基準がありますが、このケースが最も高額慰謝料を見込むことができます。当然、弁護士に依頼する費用がかかりますので、しっかりとした検討が必要です。

千葉県弁護士会

http://www.chiba-ben.or.jp/

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13番9号

交通事故相談に関連する記事

笑顔になれる弁護士相談

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料