心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

慰謝料以外の事も浮気離婚の事なら弁護士を

弁護士のホームページを見ると、慰謝料や浮気離婚などの相談を受け付けているのを見かける事もあるかと思います。しかし、弁護士に相談ができるのは浮気離婚の際の慰謝料の問題だけではありません。

浮気離婚となった場合には、慰謝料を請求できるのはもちろんですが、親権や不動産、または養育費などいろんな問題を話し合う必要があります。弁護士が二人の仲介役として間に入る事で、浮気離婚の時の慰謝料など大事な話を口論になる事なく、意見を聞きながら弁護士が調整して、話を前進させる事ができます。

浮気離婚慰謝料の話合いは、相手に感情をぶつけてしまいがちですが、弁護士を通す事で冷静に対応できる事もあるでしょう。

弁護士に浮気離婚慰謝料を相談できる

配偶者の不貞などが原因で離婚することになった場合、浮気した配偶者やその不倫相手に対して慰謝料を請求することができますが、具体的な相場や手続きの流れなどは素人にはわからないことが多いでしょう。

弁護士の中にはそういった浮気離婚慰謝料についての相談に乗ってくれる事務所もあるので、相談してみると素人ではわからないことでも親切に教えてもらうことができるでしょう。

会社で浮気した相手などの場合、ばれてしまうと居づらくなることが多いので、こちらの慰謝料請求を受け入れてくれることも多いので、弁護士を通じてしっかりと相場通り請求ができます。

浮気相手への浮気離婚慰謝料について

配偶者が浮気をしていたことが発覚したら、浮気相手に慰謝料を請求することができます。それは、貞操権侵害による精神的苦痛の慰謝料です。 その金額は、浮気をしていた期間や、精神的苦痛を受けた程度、そしてそれによって離婚が生じた場合によって変わってきます。これを浮気離婚慰謝料といいます。

それをすぐに認めて、スムーズに支払われることは多くはないのが現状です。浮気の明らかな証拠や、自分が受けた精神的苦痛の証拠をきとんと立証できることが大切です。 裁判になった場合でも、こういった証拠などがそろっていると浮気離婚慰謝料を相手に支払わせることが可能になります。

配偶者からとれる浮気離婚慰謝料の相場

浮気は夫婦が離婚に至る大きな理由の一つとなっています。軽い気持ちだったということであっても、配偶者にとっては簡単に済ますことができる者ではありません。ましてや本気で浮気をしているともなれば、離婚も止むを得ません。

しかし、ただ離婚するのでは納得いかないことでしょう。しっかり慰謝料を請求しなければなりません。浮気離婚慰謝料に関しては、一般的な相場がありますが、それを決めるのは調停員であることが多いです。裁判までこじれてしまうと、裁判費用もかさんでしまうの要注意です。浮気離婚慰謝料のことがよくわからない場合は、専門の法律事務所や離婚相談所などと相談してみると良いでしょう。

別居から離婚を目指すなら弁護士へ

結婚をしているが、すでに別居している状態であれば、相手とも連絡が取りにくく離婚をしたくても話が進展しない事もあるでしょう。それなら、離婚のお手伝いをしてくれる弁護士を探したいですね。

別居している場合には、相手に知られる事なく弁護士に相談する事も可能でしょう。

離婚しなければ、次の結婚も目指せません。自分が連絡しても相手は応じてくれないのであれば、弁護士に連絡してもらうと、対応してくれるかもしれません。

離婚は勇気がいると思いますが、新しい人生を切り開くためにも弁護士に助けを求めたいですね。弁護士は訴訟の相談もできますので、無事に離婚ができる可能性は高まるのではないかと思います。

離婚の準備には離婚弁護士に相談する

今すぐ離婚をしたいと考えても、配偶者の同意が無ければ簡単に離婚はできません。離婚をする為の準備には離婚弁護士に相談する事がとても重要になります。 離婚時には、財産分与のほか、子供の親権や養育費、戸籍変更、年金や退職金の分割などを決めなければいけません。共有名義の不動産や有責事由に対する慰謝料などがある場合は、相手との交渉、あるいは家庭裁判所での調停や審判などをする必要もあります。

そのため、自分が何を希望しているかを把握するためにも、離婚弁護士に相談をして様々なアドバイスをもらい、自身の考えや方針をまとめる事が大切です。

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料に関連する記事

笑顔になれる弁護士相談

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料