心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

相続税などの相続手続き相談は連携がとれた事務所へ

相続手続きについては、当事者だけで処理するには、手続きの数が多く、確実な処理を行うことは難しくなるため、弁護士や司法書士などの専門家に相談することが多いでしょう。

多岐にわたる相続手続きの中には、税務署に納めることになる相続税に関しての手続きも発生することになるので、税理士などともしっかりと連携している法律事務所にお願いしたほうが、依頼者の負担は少なくなります。

相続に慣れている事務所であれば、しっかりとしたサポートを最初から最後まで行ってくれる事務所もあるので、難しい手続きに悩むこともなくなるでしょう。

相続手続きのトラブルを防ぐ遺産分割協議書について

遺産分割協議書とは、遺産の相続手続きをする際の相続人間の争いを防ぐため、予め、誰がどの遺産をどの程度相続するのか、ということを書面として形にしたもので、相続による不動産の手続きや自動車の名義変更、預貯金の解約・払い戻しの手続きなどに必要となる書類です。

遺産の分割項目はもちろん、その協議がきちんと行われたことと、その内容に全ての相続人が意義のないことを示すため、書類への氏名の記入は自書とすることや、実印での押印が決まりとなっています。

必要な項目をきちんと押さえれば自分達で作ることもできますし、弁護士や司法書士に依頼することも可能です。 遺産の相続手続きに際して、この書類が必ずしも必要となる訳ではありませんが、後のトラブルを防ぐためには、できるだけ作っておくことをお勧めします。 相続の資格はあるものの、遺言や本人の希望によって遺産の取得をしなかった人の署名と押印もしておけば、トラブル防止の役割としては、更に有効なものとなるでしょう。

一人っ子の相続手続きの取り方

一人っ子が相続手続きを取る際には、遺産の分配方法に関するトラブルのリスクが低いことが利点です。 また、土地や家屋などの遺産相続のタイミングについては、それぞれの相続人のケースによって、大きな違いが出ることがあるため、早期に法律の専門家にアドバイスを求めることが肝心です。

現在では、一人っ子におすすめの相続手続きの進め方について、経済やビジネスに関する情報誌などで大々的に特集が組まれることがありますが、様々なリスクに対応をするために、まずはプロフェッショナルの見解に目を向けることが成功につながります。

遺産相続手続きの費用の相場とは

遺産相続手続きの相場については、各地の法律家の経験年数や方針によって、大きなバラつきが出ることがあるため、コストの負担を軽減するうえで、早いうちから積極的に情報収集をすることが良いでしょう。

また、遺産相続手続きのメリットやデメリットに関しては、素人にとって判断しにくいところがあるとされ、いざという時に備えて、役立つ知識を身に着けることが大事です。 一般的に、遺産相続手続きが簡単に行える法律事務所については、多方面のメディアでピックアップされるケースが増えてきており、常日ごろから様々な立場の人の体験談を参考にすることが大切です。

遺留分に注意したい遺産相続手続き

資産を持つ方が亡くなった際、残された家族に課せられる事柄に遺産相続手続きがあります。遺言書の有無などが大きな問題として取り上げられることはもちろん、遺留分についても注意が必要です。

兄弟や姉妹の関係となる方は対象から外れるものの、その他の相続人に対して留保される遺産相続の割合が定められており、亡くなった方との続柄や、家族構成などによって細かく分かれます。遺産の相続が開始されると共に、相続財産に対する一定の割合が取得できるという権利も認められるなど、様々な決まりや正しい手順の元で遺産相続が行われます。

相続手続きの内容について

故人が亡くなってしまった場合に、葬儀と相続手続きを早急に行わなければなりません。遺言書がない場合においては、相続手続きにおいては期限がありますので、早急にすすめて行く必要があります。

遺産トラブルになってしまうと、相続人同士での話し合いでは終わらずに、家庭裁判所に持ち込まれ調停をおこなう可能性が出てきてしまいますので、しっかりと話し合うことをおすすめします。

また、不安や疑問などが生じた場合にはそのままにせず、進行役に第三者である弁護士に依頼することをおすすめします。弁護士においてはインターネットなどで、検索をすることができます。

遺言書作成・相続手続きに関連する記事

笑顔になれる弁護士相談

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料