心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

恥を捨てて自己破産を

もし自分が自己破産をしたら、周りとの関係が気まずくなってしまうのでは、など考え出すと怖く感じられる事もあるかもしれません。しかし、自己破産を視野に入れないといけない時点においては、恥ずかしいとか自分の評価を気にするより、優先して問題解決しないといけないケースもあると思われます。

ですので、時には恥を捨てて自己破産を選択しないと、余計に苦しい状態になるという事もあるでしょう。自己破産をしないと、保証人に負担がかかる事もあります。

家族まで取り立てに巻きこまれて、苦しい思いをしないといけない事もあります。自己破産はしない方がいいですが、仕方がない時には決断をしないといけない事もあるでしょう。

個人再生では、財産は没収されないのか?

よく誤解がされていますが、個人再生では財産は没収されません。資産価値のあるものがすべて没収されるのは、自己破産です。そのため、残したい財産がある場合には、自己破産ではなく個人再生を選んだほうがよい場合があります。

自動車は没収されることが多いですが、これは自動車ローンを払えなくなったことによるものです。ローンを完済し終わった自動車は、所有を続けることができます。大阪で個人再生をする人は、まずは弁護士などに相談をしてみることがおすすめです。自己破産とどちらがメリットがあるのかということは、専門家のアドバイスを聞いたうえで考えたほうがよいです。

資産家が自己破産相談と借金相談を弁護士にする長所

資産家が自己破産相談と借金相談を弁護士にすると、適切なアドバイスを得られる、家族が笑顔になるなどの長所が期待可能です。弁護士は法律のプロなことから、借金相談すると数字についてのデータを見せてほしいと言ってきます。

そのデータを渡して弁護士に見て頂くと、何らかの助言と同時に、借金を減らせる可能性が出ることがあります。 弁護士に相談をし、その心配を回避できた際は、安心できる結果につながったことから家族に笑顔が戻ります。

自己破産をする前に破産の専門家に借金相談を

自己破産とは、裁判所に破産申立書を提出することで免責許可というものを貰い、全ての借金を免除してもらう手続きのことを言います。一定以上の価値がある財産はお金に換えることで債権者に配当されますが、裁判所で定められた基準を超えない財産は手元に残るので、1円もなくなるわけではありません。

自己破産を行うと債務が無くなるかわりに、信用情報機関に事故情報が記録され、借金やローンなどの審査に通らなくなる可能性が高まります。借金で自己破産を考えている場合は、弁護士などの専門家に借金相談を行い、メリットとデメリットをよく考えて実行しましょう。

司法書士による自己破産の利点について

司法書士の仕事内容は広がりを見せていて、認定を受けていれば司法書士においても、借金の相談をおこなえるようになりました。借金の相談については140万円以内と制限がありますが、制限内の人であれば相談することができます。

弁護士と異なり代理権がないので、自分で裁判所などの場所には行かなければなりませんが、複雑な書類の作成等をお願いすることが可能になりますので、自己破産の処理を円滑におこなうことができます。インターネットなどからも自己破産問題に特化した事務所を探すことが可能なため、問い合わせてみるといいでしょう。

自己破産は半年くらい司法書士と行う

自己破産は、直ぐにできるわけでもありませんし、行っても色々な手続によって時間がかかります。まずは債務をすべて消すための判断をしてもらいます。裁判所の判断をしてもらい、最終的に処理しても良いことになれば、次に残っている財産の判断をします。

残されている財産が多いと、処理しないと駄目なものが多くなります。これらを債権者に分割して渡し、返済の代わりとします。そしてすべての処理が終わっていることがわかれば、自己破産は終了します。半年くらい、司法書士などと一緒に行動することになりますから、終わるまでは我慢も必要です。

弁護士相談に関連する記事

笑顔になれる弁護士相談

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料