心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

むちうちの治療の延長と慰謝料相場について

交通事故でむちうちになり、6カ月後くらい通院していると、多くの場合、保険会社から通院中止の要請があります。保険会社が治療の中止をすると、それまで保険会社が病院に直接支払っていた治療費の支払いが止まります。保険会社の意図は、この通院中止段階で、治療を終わり、慰謝料を計算してしまおうということなのでしょう。

しかし、結論から言って、実際にまだ痛みなどの症状があるなら、絶対に、通院を中止してはだめで、治療を延長してください。具体的には、健康保険を管轄する事務所に「第想者行為による傷病届」を提出して、健康保険を利用して通院を続けてください。この問題は、自分の体の健康の問題ですから、保険会社の都合で治療を放棄しないでください。医者が完治か症状固定を決定していない限り、将来的に症状がどうなるか分かりません。将来の生活のためにも、正当な慰謝料を請求するのです。交通事故むちうち慰謝料の請求は、入通院期間や症状固定で後遺障害が残る場合は、その後遺障害等級によって計算されます。ちなみに、る弁護士基準では、半年の通院で89万円、7カ月の通院で97万円です。任意保険の場合には、これより25万円ほど少なくなります。

また、後遺障害12級の慰謝料相場は弁護士基準で290万円、任意保険基準で100万円、14級の弁護士基準が110万円、任意保険基準は40万円です。弁護士基準を利用するには弁護士に依頼する必要がありますが、受け取れる慰謝料の任意保険との差額で弁護士費用を払える可能性が高いです。交通事故弁護士の多くは無料相談に応じていますから、交通事故慰謝料については、弁護士にまず相談しましょう。

むちうち事故後の被害者の対応と慰謝料相場について

もしも交通事故に遭遇してしまった際にむちうちになってしまったという場合、被害者はまずはむちうちになったという診断書を取得する必要があります。そのためできる限り事故後すぐに病院の整形外科などで診断書を作成してもらい、交通事故との因果関係があってむちうちになったという証明をすることが重要なポイントになっています。

なのですぐに慰謝料を加害者や保険会社に請求するのではなく、このような段取りをしてどの程度の治療期間が必要になるのかなどを計算して弁護士などを通じて請求するようにします。ただし交通事故後しばらくしてから病院で診断を受けた場合は交通事故との因果関係を否定されてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

この場合に被害者が請求することができる慰謝料相場としては自賠責基準・任意保険基準・弁護士や裁判基準の場合で相場が異なっています。例えば自賠責基準で20日間通院した場合であれば、1日辺りの費用を4200円として計算すると17万円前後が相場であると計算されます。任意保険基準であれば25万円前後、弁護士や裁判基準であれば36万円前後となっているなどどの計算を基準にするのかによって慰謝料相場も大きく変動します。

むちうち事故後にまず行うべき行動と慰謝料相場について

車にひかれてしまった、自転車と接触した、そういった事故に合った場合多くの方はむちうちという症状を引き起こします。 事故でむちうちになると相手に入院や通院にかかる費用を慰謝料として請求することができます。 慰謝料相場は一律いくらと決まっているわけではなく、計算方法によって金額が変わってきます。 計算方法は「自賠責基準」、「任意保険基準」、「弁護士基準」の3種類があります。

自賠責基準なら1日の通院で4200円。任意保険基準なら2か月の通院で252000円。弁護士基準なら2か月の通院で36~520000円です。 慰謝料は必ずしも請求できるとは限りません。 事故直後病院には行かず、数か月経ってから痛みを感じて病院を受診してもこの場合慰謝料を請求することはできません。

なぜなら、そのむちうちの症状が事故によるものだと断定することができないからです。事故によるものだと判断されなければ、入院・通院・手術代のすべてが自費になってしまいます。 「あのとき病院にさえ行っていれば」と後悔しないためにも事故後はどこにも痛みを感じなかったとしてもすぐにお近くの病院を受診してください。 事故後にまず行うべき行動は「病院の受診」です。これをよく覚えておきましょう。

等級と裁判基準で異なるむちうち慰謝料相場とは

交通事故で後遺症が残りやすいとされるむちうちは、その状態によって慰謝料が大きくちがってきます。画像で確認できない場合でも、その症状が事故との因果関係がはっきりしていている場合は、一番低い14等級になるケースが多いといいます。

この場合のむちうち慰謝料相場は、裁判基準で110万円とされていますが、これは弁護士に依頼し増額ができた場合のケースです。弁護士を通さなければ、それよりはるかに低い金額の32万円とされています。また、手の小指を失った場合などは、12等級になりますがこのケースでは、裁判基準が290万となり、14等級より、重症化していることが前提です。

知っておくべきむちうち慰謝料相場

交通事故に遭ってしまった時に課題となる問題の一つが、加害者への慰謝料請求です。保険会社の担当者による対応により、加害者との間では交渉や話し合いが進められるものの、提示された金額が妥当なものなのかどうか、またどのような費用が慰謝料として該当するのかなど、様々な知識や情報が必要となります。

むちうち慰謝料相場についても、普段知る機会がなかなかなく、法律専門家への相談が重要となるケースも多く見受けられます。必要な費用や、受け取るべき慰謝料を損することなく、正しく受け取ることで、事故被害による損失も最小限に抑えられることでしょう。

むちうち慰謝料相場は基準によって変わります

交通事故に遭われた場合、慰謝料が支払われますが、支払う基準が3つあります。この基準で大きくことなるのが、むちうち慰謝料相場です。むち打ちの場合は自分で現状を説明するのはとても難しく、しっかりとした認定をもらえることが出来ない人が多いので、保険会社の基準では適正な認定を得られずに、低い慰謝料を提示されることがほとんどです。

弁護士基準は3つの基準の中で一番高く、むちうちなどの後遺障害の認定を、適正にもらうことが出来ます。そのためむちうち慰謝料相場を引き上げることができ、高い慰謝料を請求することが出来ます。

むちうち慰謝料相場に関連する記事

笑顔になれる弁護士相談

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料