心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

ゆとりを持って期限までに行う相続手続き

期限が決められている相続手続きは、期限のぎりぎりになって慌てて作業を行うのではなく、早い段階から期限について意識する事で、ゆとりを持って相続手続きを行う様にしたいですね。

期限のぎりぎりになって相続手続きを行うと、例えばですが納税の際に申告漏れがあると、後で追徴課税になってしまう事もあるので、やはりじっくりと取り組む方が好ましいと思われます。

相続手続きはスムーズに進まない事もありますので、期限までまだ時間があると、そのまま放置するのではなく、できるだけ前倒しで相続手続きを進めた方がいいでしょう。時間が過ぎるのは早く感じられる事もあり、ついうっかりとしている間に遅れてしまう、という事がない様にしたいですね。

現金や預金などの財産を調査する相続手続き

相続財産の調査は、相続手続きの中でも重要な手続きの一つです。 相続財産は、現預金、土地などの不動産、骨董品や貴金属、事業用の機械、商品、売掛金などの正の財産と、各種ローンなどの借入金、葬儀に係る費用、未払いの医療費や税金など負の財産から構成されています。

相続手続きでは、これらの財産の価額を計算し遺産分割する財産を確定します。価額の計算では、不動産は路線価や固定資産税評価額などを基に計算しますので、弁護士や税理士など専門家の力を借りた方が、その計算において揉める心配が少なくなりますので安心できます。

なお、相続税の計算においては、墓や仏壇など日常礼拝をしている物は相続財産に含まれません。

相続手続きのトラブルを防ぐには

相続手続きに関する様々なトラブルの事例は、今や経済情報誌や経済新聞などのメディアで大々的に取り上げられることがあります。 特に、土地や建物の相続の仕方については、トラブルの原因となりやすいことがあるため、前もって相続人の間で交渉を続けることがポイントとして挙げられます。

そして、相続手続きを始める時期に関しては、空き時間を使いながら、それぞれの相続人の意向を重視することが大事です。 その他、相続手続きを短期間のうちに終えるためには、時に弁護士などのプロフェッショナルの力を頼りにすることがとてもおすすめできます。

相続手続きの時の証拠文書作成のコツ

相続が発生すると、相続手続きは始まります。まずは亡くなった方(被相続人)の血縁者がいるかどうかを戸籍を遡って調べ、相続人が何人いるのかを確定することから始まります。

相続人が確定(人数や血縁上の地位)したら、相続手続きはその相続財産の配分へと進みます。この財産の配分については民法上の分配率に従うことなりますが、その時の相続人の話し合いで分配率を変更することもできます。

逆に遺言書に財産を受け取る相続人や具体的相続内容が指名されていれば、原則、その遺言書に従わなければなりません。 いずれにせよ、相続財産は相続人どうしの話し合いや遺言書で指定された相続人の相続放棄により、その配分内容を変えることができますが、重要なことは変更した相続財産の配分内容を文書として残しておくことです。

特に相続財産が大きい場合には、遺産分割協議書を話し合いの証拠としておくことで、諍いを防ぐことができます。 そして、この文書の作成に当たっては、法律的な証拠能力を持たせるためにも専門の法律家に作成を依頼することも重要です。

遺産相続手続きにおいて遺留分がある理由

なぜ遺産相続手続きにおいてただ遺言に従って分与をしてはいけないように遺留分という制度が定められているのでしょうか?遺留分をいうのは例えば遺言書に「愛人に全ての財産を分与する」と記載があって、遺言書通り全ての財産が愛人にいってしまっては不公平ですよね。

そもそも不倫していること自体が法律に違反していることですので、罰金なども特に取られず、ただただ財産を持っていかれるのでは親族の人も納得ができません。そういった揉め事を少なくするためにもこの制度が存在しています。今よりも家庭において特に世帯主が絶対だったときに残された家族が問題なく過ごしていけるようにという意味もあったのかもしれません。

遺言書作成・相続手続きに関連する記事

笑顔になれる弁護士相談

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料