心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

弁護士には守秘義務という重たいルールがある

弁護士や医師などの専門職の方々には、守秘義務というルールが課せられています。 職業上、知り得た秘密を自分以外の人物に話してはいけない、という非常に厳しいルールが課せられているため、相談者や患者は落ち着いて、自分の悩みを全力で吐露出来ます。 大阪府に暮らしている方で、激しい人間関係のトラブルを抱えてしまっている方は、一度弁護士に相談すべきです。

守秘義務があるので、絶対に個人情報が外部に漏洩する事はありません。 近隣住民との喧嘩、親戚との軋轢、家庭内の問題など、世間で噂になると、困る問題こそ大阪府の法律事務所に持ち込み、第三者の冷静な助言を受けた方が賢明です。

弁護士に専門分野について訊ねる長所と短所

大阪在住の弁護士に専門分野について訊ねると、色々な経験談を聞ける、いくつか興味深い話が出るなどの長所が存在します。勤続年数が多い弁護士は様々な経験を積んでいるため、話を聞くと沢山の経験談が出てきます。その中には、珍しい話もあると思われるので、興味深く聞くことが可能です。

短所は反応に困る話もある、専門用語が出てくるなどです。家庭の秘められた部分についての話が出た際は、反応に困ると感じてもおかしくないです。その時は、違う話にしてほしいとお願いしたほうがいいです。また、専門用語が難しい時は、優しく説明してもらいましょう。

弁護士から政治家への転身について

大阪で弁護士から政治家になるのは簡単です。その理由としては、いくつかあり、それについて紹介してきます。まず、弁護士という職業柄、とても真面目な印象であるといったイメージにとらえられるので、プラスの方向に働くのです。

それと、仕事を通して、大阪に住んでいるひとたちと信頼関係を築いていくことができるため、それがそのまま選挙の際の投票行動につながっていくのです。最後に、選挙にはお金がおおく必要です。弁護士であれば、普段の生活をしながら、選挙をするための費用も貯めることができるので、お金に関して心配しなくて済むのも強みです。

弁護士は訴訟代理権を有している

日本の法律上、裁判を起こす際に本人訴訟が認められており、必ずしも訴訟は弁護士に依頼する必要はありませんが、依頼する場合は一定の場合を除いて弁護士以外の者が代理することは許されていません。

これは、三百代言が跋扈するのを防ぐ目的であるといわれてます。つまり、任意で訴訟を起こす場合の訴訟代理権を有しているのは、弁護士の身となります。その他にも、法律上訴訟代理権が認められているのは、法定代理人です。これは、本人と同視しうる立場の人間です。これらの規定に反する訴訟行為は無効となるため、注意が必要となります。

法律事務所の弁護士への相談費用相場とは

法律事務所の弁護士への相談費用相場はどのような案件かにもよります。 たとえば、交通事故等の身近な事例の場合は、相談される側としても対応しやすいので、初回は無料とか、その後もそこまで相談料は高くなりません。(もちろん、地域にもよります。千葉県のように競争の激しいところだと安く、田舎ほど高いようです。)

逆に、医療過誤訴訟など法的な知識以外に別の特殊な専門知識が要求される事例の場合は、対応できる弁護士の数が限られているためどうしても相談料は高くなってしまいます。 「弁護士は正義の味方だから無料で相談ぐらいしてくれないの!?」 というわけにはいきません。

そのような特殊な事例になると、調べたりするのにも時間と労力が他の場合と異なり、膨大にかかるのでその分相談料を多めに取らないとそこの事務所の収入がなくなり、最悪の場合つぶれてしまいますから。

というわけですので。法律事務所に相談する際は特殊な事例になればなるほど、相談料は高くなることは仕方のないことだと割り切っておきましょう。 そうなりますと、極力当事者同士で解決できるような方法をしっかりと模索でき、そのようにしていくのが一番望ましいのではないかと思うのです。

法律事務所が行う無料相談で弁護士を見つける

法律事務所によっては、山間部などなかなか相談に来ることができない人に、相談しやすい環境を作るようにしています。そこで行っているのが、出張相談や無料相談で、弁護士がその場所まで行って話を聞いたり、電話やメールでも話のできる状況を作っています。

法律に関するものだけでなく、お金の問題も話をすることができます。大阪や京都には、山奥の地域も当然ありますので、そうしたところでも相談できる環境は良いものです。千葉は広範囲で相談に応じてくれるところもありますので、場合によっては先に話をしっかり行って、それから対面の相談を行なってもいいです。

弁護士に関連する記事

笑顔になれる弁護士相談

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料