心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

甘く考えてはいけない相続の手続き

かなり金額が大きい相続手続きであれば、なおさら甘く考えるのではなく、慎重に手続きを行っていく様にしたいですね。自分では相続の手続きを正しく行ったつもりであったとしても、実際には追徴になってしまう事が多いみたいです。

何となくこうだろう、という勘で相続の手続きを行うのではなく、事実関係をきちんと調べる事も必要でしょう。さらに、相続の手続きの時には兄弟などの間で深い溝になってしまう事もありますので、その点においても配慮しないといけません。

すべて相続を無事に終えるまでには、時として長い道のりとなってしまう事もあるかもしれません。焦るのではなく、一つずつ丁寧に対処していく事でゴールに近づけるでしょう。

被相続人の相続手続きについて

相続問題は相続人だけの問題と思われがちですが 被相続人も相続手続きをする事が出来ます。 死んだら相続問題が絶対起きる状況の場合は特に避けがたい問題です。 有名な相続手続きは遺言書で三つ程パターンがあります。

これは死んだ後効力が出るタイプで仕様が間違ってると施行されない欠点があります。 又生前贈与と言う手段もあります。 これはお金は勿論それ以外の資産やその他譲渡出来るものを 自分が選んだ人に贈与する方法で取り消しが効く口約束から取り消せない書面まであります。

譲渡する内容によって手続きが複雑になるのが特徴です。 ただしこれは未成年者に対してだと親権者の同意が必要です。

放棄を行う事もできる相続手続き

実際には相続手続きで受け継ぐだけではなくて、放棄をする事もできます。なぜ故人の遺産を相続手続きするのではなくて、放棄する必要があるのかという事について考えた場合、故人が多額の借金を抱えている事もあり、普通に相続手続きをしただけでは、相続人が返済を行わないといけない事になります。

ですので、一般的にはプラスとマイナスを考慮してマイナスの方が大きいという場合に限り、放棄を行うための相続手続きを行う事が多い様です。放棄を行うための相続手続きは、故人の死後、早期に行う必要があり、一定の時間が過ぎた場合には、自動的に相続されてしまいます。ですので、借金の可能性があれば、すぐに詳細を調べましょう。

胎児がいる場合の相続手続き

まだ生まれていない胎児がいる場合に相続手続きはどうなるのかと言えば、胎児も立派な相続人として扱われます。ですので、相続手続きの時には、間違わない様に注意する必要があります。

しかし、相続手続きにおいて胎児は発言する事ができませんので、特別代理人を必要とします。そうする事によって相続手続きを無事に行う事ができます。ですので、相続手続きと言っても胎児がいる場合には、若干複雑になるという事も考えられます。

しかし、これから生まれてくる大事な子供のためにも、ぜひしっかりと大人が手続きをする事が大切でしょう。この様に相続というのは、単純な場合だけでなく、いろんなケースがあると考えられます。

相続手続きの際に提出する必要書類

相続手続きの際に提出をしなければならない必要書類の種類については、一般の消費者が理解をすることが難しいことが分かっています。 そこで、顧客対応の優れている弁護士の事務所の最新の事例に目を向けることによって、数々のリスクをすぐに対処できることがあります。

もしも、相続手続きを始める時期についてわからないことがあるときには、無料相談の対応が行われている事務所を選ぶことが肝心です。 その他、必要勝利の集め方に関して知りたいことがあれば、まずは同じような立場の人からアドバイスを受けることが望ましいといえます。

相続手続きを代行する支援センターとは

遺族にとって、相続手続きを進めていくことは簡単なことではありません。相続財産にどのようなものがあり、誰が相続するのか、また、遺言状がある場合やない場合など、悲しみが癒えない状態でもその手続きを進めていかなければならないことがあります。

相続する財産の中には現金や不動産などもあり、それぞれに相続手続きは異なりますので、必要書類などを揃えるだけでも大変な作業になることがあります。 そのように複雑で手間も時間もかかる手続きですが、それを代行する全国的な組織として、相続手続き支援センターというのもがあります。

ここでは、相続に必要な法的手続き、税金関係、登記などを、弁護士や司法書士などの専門家と連携して手続きを進めてくれます。費用は相続財産によって異なりますが、その点も含めて、問い合わせることができます。

全国的に各地域のセンターがあり、無料相談も電話やインターネットでできるようになっていますので、それを利用する方もいるみたいです。これは公の組織ではなく、営利目的の団体であることを認識して利用しましょう。

一般的な相続手続きの流れ

相続手続きの流れは一般的に、死亡届、火葬許可証、葬儀など終えてから始まります。まずは、遺言書と相続人を確認し、誰がどの遺産を相続するかを確認します。遺言書は自宅を探すか、公証役場に確認しましょう。 相続人は、被相続人の出生してから現在までの戸籍謄本、除籍謄本などで確認します。必要に応じてその他の者の戸籍謄本も必要になりますので、司法書士など専門家に相談するとスムーズに手続きができます。

そして、相続手続きの中でも特に重要な遺産分割を行い、全ての相続人の合意を得て相続する遺産を決めます。もし、合意が難しい場合は家庭裁判所で遺産分割調停や審判を行います。 最後に相続税の申告、不動産の相続登記といった手続きをすれば、相続手続きは完了します。

相続手続きに困った時の対処方法

資産を持つ人が亡くなった場合、葬儀後に遺産の相続手続き問題が発生することがあります。相続手続など、専門的知識が必要な分野でもあるため、大阪を中心に各地で、代行してくれる機関が複数存在しています。

実績を重ねている機関も数多く、遺言や相続問題に関する事など、何から始めれば良いのか分からない場合に、心強い味方となってもらえるでしょう。的確な判断を基に、それぞれの問題に合った対処法を探してもらえるため、必要な手順を整理した上で、納得のいく手続を行うことができます。問題を手早く解決することができるため、家族同士での争いも避けられます。

相続手続きで起きる問題

身内に不幸が起こった時に避けては通れないのが相続手続きです。これは自らの手でほとんどの手続きを行わなければならないので大変な作業です。しかし、作業以外にも問題が起こる可能性もあります。それは、遺産相続に関することです。

例えば特定の人物の遺産分配額に納得がいかない、介護などの貢献度を加味してもらいたいなどといった場合です。そうした時は弁護士に相談しましょう。遺産問題に強い弁護士というのも存在し、大阪など全国に居ます。そうした第三者に介入してもらい法的に処理してもらった方が、円満にみなが納得いく形で問題が解決できることでしょう。

遺言書作成・相続手続きに関連する記事

笑顔になれる弁護士相談

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料