心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

TOP > 過払い

目次

  1. 債務整理の際に行われる事が多い過払い請求
  2. 今は可能性が大幅に減った過払い
  3. 借金の返済と司法書士の選び方
  4. 司法書士と申立書の作成方法
  5. 訴訟の可能性のある過払い請求は弁護士へ
  6. 返済が困難な過払い請求は弁護士相談
  7. 過払い請求の費用が明確な弁護士
  8. 過払いがあったら司法書士に相談しましょう
  9. 過払い請求を行う司法書士について
  10. 多額の過払い金が発生している可能性
  11. 過払い請求についての会話
  12. 借金の長期返済過払い請求
  13. 過払いの実績が豊富な弁護士
  14. 面倒だと感じる過払い
  15. 周囲に知られず行う過払い金返還請求
  16. 債務整理の一つの手法、任意整理
  17. 債務整理の一つである任意整理の手続き

債務整理の際に行われる事が多い過払い請求

債務整理の際に行われる事が多い過払い請求は、他の手続きと同時に行う事もあります。

例えば、返済がどうしても無理だという時に行う自己破産を行う際にも過払い請求を行う事もあります。

その際には、過払い金を払い戻してもらって自己破産を行う際の手続きを行ったり、税金の支払いの足しにする事もあります。自己破産を行う際にもいろんなお金が必要になってきます。

また、その後の生活費なども必要になってくると考えられます。

ですので、自己破産を行う事ができても、過払い金が発生していると分かればできるだけ過払い請求した方がいい場合もあります。この様に債務整理にはいろんなケースが考えられます。

今は可能性が大幅に減った過払い

以前、適応されていた法律というのは曖昧となっていた部分があったために、グレーゾーンとなる過払いが発生していました。ですが、今では法律の改正により過払いが発生する事はほとんどなくなりました。

ですので、借入をする際には、過払いが発生していて、金融機関にたくさんのお金を支払う事になってしまっているのではないかという心配も減るかと思います。

過払いの心配は減っても、なお利子の支払いはあります。この先いかなる事があっても、余裕を持って返済できるという余裕が欲しいですね。

過払いの発生に関わらず、返済を問題なく終える事ができるかという事に対して慎重になり、返済の計画を立てた上で借入をしたいですね。

弁護士相談に関連する記事

借金の返済と司法書士の選び方

借金の返済をスムーズに行うために、経験豊かな司法書士のサポートを受けることがとても肝心です。

現在のところ、自己破産のトラブルを抱えている人が少なくありませんが、いざという時に備えて、過払い金の返還請求の方法をきちんと理解することが良いでしょう。

また、司法書士のサポートの良しあしに関して迷っていることがある場合には、複数の成功体験談をチェックすることがコツです。

その他、実際に司法書士を利用している人のアドバイスを参考にすることによって、多忙な現代人にとって、すぐに役立つ知識を身に着けることができます。

司法書士と申立書の作成方法

司法書士のサービスの良しあしを見極めるにあたり、複数の事務所の最新の取り組みに目を向けることが良いでしょう。

特に、過払い金の請求をする際には、申立書の作成をする必要があるため、信頼のおけるスタッフに相談をすることが肝心です。

また、自己破産を検討するにあたり、プロの司法書士の対応の良しあしを見極めることがポイントとして挙げられます。

その他、司法書士の報酬の支払いのタイミングについては、初心者にとって分かりにくいことがあるため、まずは定期的に便利な情報を仕入れることが重要な課題として位置付けられています。

訴訟の可能性のある過払い請求は弁護士へ

交渉だけで過払い請求が解決しない場合には、弁護士に依頼して訴訟へと発展するケースというのも考えられます。

そのため、訴訟の可能性のある過払い請求は金額が低くても最初から司法書士ではなく弁護士に相談するのもいいでしょう。

過払い請求においても弁護士であれば仕事に制限がある分けではありませんので、どんな問題にも対応する事ができます。

過払い請求においては最初に司法書士に依頼して、対応できない場合には弁護士に相談する事もできます。

しかし、訴訟の可能性があれば最初から過払い請求を司法書士ではなくて、弁護士に相談しておくというのもいいかと思われます。どちらの法律家を選ぶのか考えましょう。

返済が困難な過払い請求は弁護士相談

人によっては過払い請求の相談を弁護士にしたいだけではなくて、他にも返済が困難な状況にあるので、その点についても相談したいという事もあるかと思われます。

過払い請求やその他の借金について弁護士に相談する場合には、状況が正確に伝わる様に相談しましょう。

過払い請求など借金を弁護士に相談する際には、自分の収入などについても伝えないといけない事もあります。

過払い請求や借金問題が多重債務となっている場合には、紛らわしい事もあるので、弁護士に書類を見せつつ相談しましょう。

過払い請求や借金の事で相談する前には、弁護士に相談するために、自分でメモを作るなどして伝わりやすく工夫するのもいいでしょう。

過払い請求の費用が明確な弁護士

やはり過払い請求を弁護士に頼んで行う時には、法律費用がいくらかかるのかという事について不安な場合もあるかと思われます。

そのため、弁護士の中には最初からwebサイトで過払い請求の際にかかる費用や、料金体系について詳しく記載している事もあります。

それを読むと過払い請求を弁護士に依頼した際に必要な費用を、コンタクトを取らずに把握する事もできるでしょう。

過払い請求の費用が明確な弁護士は安心して相談する事ができるのではないかと思われます。

また、過払い請求の費用については、取り戻せた後に弁護士に対して後払いができる事もある様です。それが分かれば、肩の荷が下りる事もあるでしょう。

過払いがあったら司法書士に相談しましょう

本来支払う必要がないにもかかわらず賃貸業者に支払ってしまったお金のことを過払い金といい借入期間が5年以上で、金利が0.18を超える方は司法書士に相談することで払いすぎたお金が返ってくるかもしれません。

大阪で過払い金の相談をする場合信頼できる法律事務所、司法書士を探しましょう。

その上でしっかりした事務所を選ぶべきです。なぜかというと返ってくる金額が雲泥の差だからです。返ってくる金額と事務所に払う金額も重要なポイントです。

まずメールでも無料相談ができるのでどこから借りているか、支払った金額はいくらか、いくら残っているのか、いつから借りているのかを明記の上知りたいことを聞きましょう。

過払い請求を行う司法書士について

町の法律家とも呼ばれている、司法書士が行う依頼内容には、相続手続きや登記など幅広くこなしている事務所もありますが、中には借金に絡んだ依頼を専門に扱っている事務所があります。

その場合、大阪でも認定された司法書士であることが前提ですから、どこの事務書でも良いというものではありません。

CMなどで盛んに耳にする過払い請求も、行いますが、訴訟範囲が簡易裁判所までとなっているため、請求金額が140万までと限定されてしまいます。

明らかに140万以上の訴訟であれば、地方裁判所にうつりますから、弁護士に依頼するしかありません。

多額の過払い金が発生している可能性

何年もグレーゾーンの高い金利を払っていた人は、多額の過払い金が発生している可能性があります。

この過払い金は、弁護士か司法書士に依頼して、過払い請求をすれば戻ってくる可能性が高いです。

ただし、返済途中ではなく、完済後に過払い請求するようにしましょう。返済途中にこれを行うと、過払い金と借金を相殺できますが、ブラックリストに載ってしまうんです。

ブラックリストに載ると、カードも作れずローンも組めないというデメリットが生じます。

完済後だとこのデメリットが発生しないのです。面倒なことにならないために、とりあえず頑張って完済しておきましょう。

過払い請求についての会話

A:お久しぶり。B君どうしてた?

B:元気でしたよ。Aさんこそ。

A:最近、儲かってるか?

B:全く儲かってないですよ。

A:じゃあ、お金どうしてるんよ。

B:それで、ここ5年ほど、キャッシングや消費者金融から借りては返しを繰り返してますよ。

A:そうなんだ。どれくらいの額借りてるんだよ。

B:200万円ぐらいだけど。

A:最近、TVやFMでよく聞く、過払い金返還請求って知ってるか?

B:聴いたことあるけど、詳しくはしりませんよ。それより仕事ですよ。

A:それより、弁護士か司法書士に相談して、借金が減額できるかもしれへんで?

B:そうなんですか?

A:もし、借金減ったらラッキーやん。

B:そうですね。

A:こんど、過払い請求の相談したら?

B:やってみます。

A:そうか・・・

B:ありがとうございます。

借金の長期返済過払い請求

消費者金融などからお金を借りて、毎月返済しているけど、いつまでたっても完済しない人は、国が定めている行程金利を上まわって返済している事が多いので、すでにその行程金利なら返済し終わっている可能性が高い場合があります。

その場合もしかしたら、お金がかえってくる場合も多くありません。過払い請求をしてみるといいです。いろいろな消費者金融、銀行など公的なところからお金を借りる事を多重債務と言います。

一本化出来たら支払いも軽く済むのですが、その審査がなかなかとおらないのが現実の人も多く、多重債務をする事になっています。一つずつ見直して長い付き合いの消費者金融は過払い請求をしてみて下さい。

過払い、債務整理を弁護士、法律事務所に相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所

弁護士事務所弁護士法人みお綜合法律事務所
大阪事務所〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
アクセスJR大阪駅すぐ。
大阪メトロ御堂筋線梅田駅徒歩5分
大阪メトロ四ツ橋線西梅田駅徒歩5分
阪神電鉄梅田駅徒歩5分
阪急電鉄梅田駅徒歩10分
電話 06-6348-3055
京都事務所〒530-0001
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
アクセス JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
電話 075-353-9901
神戸支店〒530-0001
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
アクセス JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
電話 078-242-3041
HPhttps://www.miolaw.jp/

過払いの実績が豊富な弁護士

これまでに、相談者からの依頼をたくさん受け、過払い請求を数多く行ってきた実績がある弁護士などの法律家もいます。その様な法律家は、過払いの実績が豊富ですので、手続きについてもかなり詳しいでしょう。

大手の消費者金融であれば、過払いを行う事が多いため、どの様な対応となる場合が多いのかという事を、弁護士や司法書士といった法律家が把握している事もあります。

過払い金返還請求を行う際には、必ずしも、これまでと同じ対応となるかどうかという事は分かりませんが、過払いの相談に対する消費者金融の対応というのは、同じ様に行われる事が多いようです。同じ様に手続きを行った際にも、消費者金融によっては、対応してもらいやすい場合などもあるみたいです。

面倒だと感じる過払い

言うまでもなく、過払いが成功すると、お金が戻って来るというのが何より手続きを行う事のメリットであると言えるでしょう。しかし、過払いの手続きを行うのが面倒だと感じている人もいるようです。

自分で過払い請求を行うと考えると、手間がかかり大変ですが、法律事務所に頼む事で、さほど面倒だと感じる事なく、過払い金返還請求を行う事ができるでしょう。

多額の金額が戻ってきそうであれば、面倒だと感じても、過払い請求をしたいと考える人も多いでしょう。しかし、戻って来る金額があまり多くなかったり、もしくは訴訟が必要となりそうであれば、検討したいという人もいます。最終的に、自分自身が満足できる結果となればいいでしょう。

周囲に知られず行う過払い金返還請求

同居している家族や職場の人に過払い請求を行う事を知られてしまうと、内緒で借金をしていたという事が分かってしまうため、知られたくないという人は、少なくありません。しかし、過払い金返還請求を行うと、周囲に知られてしまうのではないかと懸念する人もいます。

しかし、司法書士や弁護士といった法律家は過払い請求を行う際に、何か連絡すべき事があれば本人に直接知らせるなどして、同居している家族や職場の人に知られない様に配慮してくれる事もある様です。

過払い請求は法律事務所からの郵送物で分かってしまう事もあるそうです。そのため、過払いに関する郵送物は、自宅に送らずに、本人に直接手渡すなどして、知られない様にしてくれる事もあります。

債務整理の一つの手法、任意整理

借金が返済できなくなってしまったときは、債務整理が必要になります。その中でも任意整理という手法は世の中で広く利用されている手段の一つです。

任意整理のメリットは主に3つあります。一つは利息が免除されるので借金を早く返すことができることです。

二つ目は、利息制限法の規定により取引期間が長い借り入れについては、借金総額が減る可能性があります。

そして最後は裁判所を通さない整理方法であるため、一部の相手先だけ交渉するといった自由が効く解決方法であるということです。

何れにしても借金を返せなくなるのはあまり褒められた事ではありません。借入は計画的に行いましょう。

債務整理の一つである任意整理の手続き

任意整理というのは、債務整理の一つの方法になります。法律の専門家が、債権者と債務者の間に入って、裁判所を通すことなく債務の減額などをおこなうやり方です。

任意に債務を整理しようとするならば、まず法律家に相談して手続きのメリットとデメリットを確認します。次に法律家が債権者に受任通知を発送し、取り立てが一時ストップします。

利息制限法に従って借金を再計算します。法律家が債権者と交渉し、和解が成立すれば新しい契約に従って返済が再スタートします。

このような手続きを行う際、最も大切なのは借金の返済計画です。現実的な返済計画を交渉してもらいましょう。

メニュー

TOP 過払い 過払い大阪 交通事故相談 交通事故慰謝料 交通事故慰謝料弁護士基準 むちうち慰謝料相場 相続手続き 遺言書作成 相続税税務調査 モラハラ離婚 弁護士大阪 弁護士

笑顔になれる弁護士相談

弁護士を利用することなんてほとんどの方はありません。最近は交通事故も減って来ているので余計です。ただ、離婚などでもめることも増えているので弁護士を利用することもあるかもしれません。

そんな時には弁護士会や自治体にご相談ください。自治体は知り合いがいるなどで相談しにくいというがあるかもしれません。

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料

弁護士