心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

弁護士の慰謝料相談で交通事故を解決

口もきけないほど、相手と対立してしまう事もある交通事故を解決するというのは容易な事ではないでしょう。

直接、当事者同士が話をすると自分達の主観で話をしてしまう事もあります。そうなると、話をすべき事がきちんと話せてなくて、ただ口論をしているだけという事になってしまう事もあります。

大事なのは交通事故を解決に向けて話を進める事ではないでしょうか。

その中で双方に過度な不満がない様にしたいですね。弁護士の慰謝料相談は助けになる事もあります。

交通事故慰謝料相談では、感情にとらわれてしまう事なく、自分の主張したい事を的確に相手側に伝えてくれるでしょう。よりよい結果を期待したいですね。

交通事故慰謝料の計算をしよう

交通事故慰謝料の計算をするには、ある程度のテクニックが必要となることがあります。 そこで、大手の保険会社のシミュレーションを利用することによって、短期間のうちにおおよその支払額について理解を深めることが可能となります。

現在では、交通事故慰謝料を巡るトラブルについて、全国的に重要な問題のひとつとして扱われることがありますが、早いうちから納得のゆくまで情報を仕入れることがおすすめです。 そして、同じような立場を経験した人の意見を参考にすることで、様々なリスクに対応をすることがポイントとして挙げられます。

交通事故慰謝料請求なら弁護士に任せるのが安全

交通事故慰謝料は、交通事故によって負った精神的損害に対する賠償金のことです。これは、被害者は法的に請求する権利を有しています。根拠条文は民法709条です。

ただし、交通事故慰謝料請求をするとしても、示談交渉や訴訟を自分で行うのは大変です。相手が保険に入っていれば、交渉相手は専門的な知識を持っている保険会社の人間、もしくはその大輪である弁護士です。

そのため、請求する側も専門家である弁護士に頼る方が安全です。裁判の基準で相手に請求をしてくれますし、法的で正確な主張で相手を納得させることが期待できます。

人身事故の場合の交通事故慰謝料の基準

人身事故の場合は、自賠責保険を使うことになります。自賠責保険では、交通事故慰謝料が機械的に決まります。ケガの重傷度に関係なく、入通院の日数と頻度によって計算式が決まっていて、それに基づいて金額が支払われます。

後遺障害が残った場合は、後遺症認定申請を自賠責保険に対しておこない、そこで認定された等級別に慰謝料額が決まります。

 つまり、交通事故慰謝料には、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料のふたつがあるわけです。後遺障害が認定されなかった場合は、入通院慰謝料だけを受け取ることになります。自賠責の範囲内だと、そうした基準となります。

任意保険基準での交通事故慰謝料について

交通事故慰謝料の計算方法には、任意保険計算基準というものがあります。 この基準は裁判で認められる慰謝料よりも大幅に低い金額です。 交通事故に遭った後に弁護士をつけずに交渉すると、任意保険基準での交通事故慰謝料が提示されます。

この基準は、入院・通院の期間に応じて計算しますが弁護士基準と比べて低い金額で、弁護士に依頼することで慰謝料は大幅に増えます。保険会社によっては弁護士費用の特約が付いているものもあるので、その特約をつけることで、弁護士費用の負担がゼロになります。また、後遺障害の慰謝料についても同じく低い金額となっています。 裁判まではしたくないという方も弁護士に交渉してもらうだけで時間も短縮され、慰謝料も大幅にアップします。

交通事故慰謝料を上乗せできる方法とは

交通事故慰謝料を上乗せできる方法は、交渉を自分で行うのではなく、弁護士に依頼して支払ってもらうよう交渉をする方法です。これが有効な理由は、示談交渉をする際のパワーバランスにあります。通常、加害者側は任意保険に入っていることがほとんどなので、保険会社が示談交渉の相手となります。

保険会社はそれが仕事である以上、専門的な知識が豊富です。それに加えて、交渉ノウハウもあり、担当する社員はそれを専門とする部署で働いているわけですからそれらの能力にたけています。一方、被害者の側は一般人であることが多く、法律に普段接することがないことが多いです。その結果、両者に力差が生じ、そのままだと保険会社の方に有利な示談がまとめられてしまいます。その点、弁護士が間に入ると、相手と対等またはそれ以上の立場に立てるため、交通事故慰謝料を上乗せできる可能性が高くなります。

千葉や茨城で示談交渉をしている、またはする人も、もし自分に不利な内容の合意を迫られるようなことがあれば、弁護士を活用したほうが良いです。交通事故の損害賠償や慰謝料は、被害者にとっては損害の回復のために必要な物です。したがって、確実に支払ってもらえるよう、専門家の力を頼るのが賢いのです。

主婦に対する交通事故慰謝料の事例

交通事故慰謝料の中には休業損害というものがあり、こちらは会社を休んでいた際に本来であれば支払われるはずの給料分を保証するといったものです。主婦のAさんが事故にあった時の事例をご紹介します。Aさんは事故にあってしまい1カ月以上家事を自分一人では行うことができなくなってしまいました。

しかし保険会社から提示された金額は家事を全くしていなかった2週間分しか最初支払われませんでした。そこで間に弁護士に入ってもらい、女性の平均時給9千円を基準とした計算にて再度保証金を請求することができました。主婦の場合には保険会社から提示される金額の、1日の平均賃はかなり低く見積もりされているということがわかります。

交通事故慰謝料を増額できた事例

交通事故慰謝料は、被害者に対して、事故で負ったケガや精神的苦痛を金額にして支払われます。50代女性の事例では、むちうちを負い半年間通院をしました。その間、休業せざるを得ない状況になりました。交通事故弁護士に依頼をしたところ、休業損害額を40万円程増額でき、治療にも専念できました。

保険会社の提示額に疑問を持ち依頼されたケースですが、保険会社との交渉をせずに治療や復職に向けて動き出せたことに喜ばれています。弁護士は弁護士基準で慰謝料を算定します。無料相談会で金額だけを問い合わせてみることもできますので、うまく利用するといいでしょう。

交通事故相談に関連する記事

笑顔になれる弁護士相談

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料