心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

むちうちにより手術が必要な人の慰謝料相場とは

交通事故の慰謝料に関係してくる後遺障害等級認定申請で最も多い症状がむちうちです。 しかし、申請の数の割にむちうちは後遺障害に認定されにくい面もあり、トラブルになることも多くなっています。 そこで万一の時にきちんとした補償を受けるためにも慰謝料相場を知っておくことが重要です。

まず後遺障害等級によって慰謝料相場は大きく変わり、むちうちの場合、痛みや痺れなどの症状を引き起こす原因の証明となる画像検査で異常が見つかると12級、症状はあるものの画像検査で異常がない場合、14級に認定されやすくなります。 手術が必要となるほど重症であれば12級が認められる可能性は高いといえますが、この場合の慰謝料は自賠責保険では93万円が上限と決められており、これに治療費や通院交通費、手術費用などの他の賠償項目も含めて最大で224万円までとなります。

一方、弁護士に依頼をした場合は裁判基準で慰謝料が決められますので、12級で290万円程度、これに別途、病院へ支払う費用など他の賠償項目も含めた総額が合計されることとなります。 最終的な総額は自賠責保険と違って依頼をした弁護士の腕によって大きく変わってくるため、相場というものはありませんが、一般的には弁護士に依頼をした方が増額が見込めるとされていますので、適切な慰謝料を請求したい場合は交通事故を専門とした弁護士に依頼をした方がよいでしょう。

むちうちにより鍼治療が必要な人の慰謝料相場とは

交通事故で多いのがむちうち。被害者は加害者に対して、治療費や通院費・診断書代・休業損害費などを請求することができます。 むちうち症は首の筋肉や靭帯を痛めてしまう症状ですが、ひどければ首の骨も痛めてしまいます。首の痛みだけに留まらず、腕や指先にも痛みが出ることもあり、事故の瞬間よりも後から痛みが出てきたり後遺症が残ることもあるので必ず病院には行くようにしましょう。鍼治療などがおすすめです。

精神的苦痛の大きさによっても金額が変動するため、慰謝料相場はいくらと断定することはできません。ただ自賠責基準であれば実通院日数×2、あるいは治療期間に4200円をかける計算になります。

任意保険基準であれば入院期間や通院期間に応じて計算されます。 裁判所基準であればさらに金額も高くなりますが、弁護士を建てて慰謝料請求の根拠を明確にする必要はあります。 放っておいてあとから痛みが出てずっと障害と付き合っていくことになっては困ります。とにかく診察を受けたり、弁護士に相談するなど対応をすることが必要です。保険は日々の生活を守るためにあるのです。仕事や生活に支障をきたさないためにも適切で迅速な対応をするようにしましょう。

むちうちによりブロック療法が必要な人の慰謝料相場とは

追突事故などでむちうち症状が出た場合、慰謝料を請求するためには必ず病院で治療を受け、医学的に事故と症状が関係しているという診断を受ける必要があります。 この時の治療費は加害者側の保険会社が支払うこととなりますが、半年ほど継続した治療を受けている場合、治療の打ち切りを請求されることがあります。

しかし、この時、まだ痛みが続いており、ブロック療法が必要となっているような場合、保険会社からいわれるがままに治療を停止してはいけません。 もしも、停止してしまった場合、後遺障害として認定されずに慰謝料の請求ができなくなる恐れがあるからです。 むちうちで慰謝料を請求するには、後遺障害の認定が必要となりますので、上記のように治療の打ち切りを求められた場合は、医師や弁護士に相談をするようにしましょう。

このようにきちんとした手順を踏んで後遺障害認定がされた場合の慰謝料相場ですが、後遺障害12級で290万円、14号で110万円が基本となっています。 ただし、交通事故弁護士に依頼をすることで、上記金額に治療費や通院交通費、むちうち症状で仕事などが難しくなった場合の休業補償などが総合されますので、一概に相場というのはないといえるでしょう。

むちうち慰謝料は過去から相場が上がった

昔の相場と、今の相場ではかなりの違いがあります。むちうち慰謝料についても、昔はそこまで高くありませんでした。むちうちというのが、そこまで大きな症状とは思われていない面があり、高い金額を払うことがなかったのです。

しかし後遺症として残る可能性があるなど、問題点が多く解明されたことにより、現在は過去よりも高くなっています。金額を伝えられた時、かなり高いことがわかってしまうこともありますが、明確な基準として用意されている数字なので仕方ないです。何度か事故をおこしている方は、もしかしたら金額が変わっていることに気づくかもしれません。

交通事故でのむちうち慰謝料の相場とは

不慮におこってしまった交通事故での衝撃により、むちうちになってしまった際に注意すべき点として、慰謝料の請求があります。慰謝料の請求には3つの基準があります。それぞれの基準や相場を知らないと、加害者側の保険会社が提示する一番安い基準による、慰謝料金額となってしまう可能性があります。

むちうちによる負傷は軽視されやすい傾向にありますが、むちうちも怪我になりむちうち慰謝料が存在します。被害者側が損をしないように、専門の機関や交通事故を得意とする弁護士事務所も沢山ありますので、まずは問い合わせをしてみてもいいかも知れません。

むちうち慰謝料相場内容とは

むちうち慰謝料相場をうえけるうえで、基準があるのはご存知ですか。実はこの基準を知らないままに、加害者側の提示する慰謝料に、応じてしまっている人が多く見られます。しかしながらそれは非常にもったいないことで、しっかりとした対応ができれば、もっと大きな金額をもらうことが可能になってきます。

そのような対応をされないためには、交通事故弁護士に依頼し、すべての交渉ごとを行なってもらうことをおすすめします。そのような対応に変えるだけでも、もらえる慰謝料の量は大きなものになりますので、注意が必要になってきます。

むちうち慰謝料相場に関連する記事

笑顔になれる弁護士相談

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料