心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

任意保険の特約で交通事故相談をして慰謝料アップ

交通事故で被害に遭った人は、身体面はもちろんですが精神的にも大きな苦痛を受けます。この、精神的なダメージに対して加害者から支払われる賠償金が慰謝料です。 精神的な苦痛に対する賠償金なので、尺度が難しく同じような事故なのにもらえる賠償金が全然違うという不公平感が出る可能性があります。そうした差をなくすために、慰謝料の計算には自賠責・任意保険・裁判の判例と3つの基準があります。この3つの基準の中で、一番安く計算されるのが自賠責基準、高いのは裁判の判例を使う基準です。

示談交渉の中で相手から提示される賠償金は、安い自賠責基準で計算されていることがあります。しかし弁護士に交通事故相談をしていれば、裁判の判例基準を使って正当な金額で交渉してもらえますから被害者は損をしなくてすみます。 交通事故相談の費用は、契約している任意保険に弁護士費用特約が付いていれば保険で補てんできます。

交通事故弁護士への相談と保険会社について

交通事故を起こしてしまった時、まず警察に報告し自己処理をするのは当たり前です。そこから終わった後に責任が何割の率で自分にあるのか、そして何割の率で相手に責任があるのかという処理をしなければなりません。

そこで交通事故弁護士に相談し相手と話をつけることを試みます。保険会社に交通事故弁護士に相談する料金の保証も入っているのなら自分からはお金を動かさなくてもいいです。

それをお互いに納得の行くような形で話が決まったらその分の慰謝料を払うなり貰うなりします。いつまで経っても話がまとまらない事も少なくありませんが、そのような時は和解を求められる事もあります。

交通事故相談に必要となる面接相談

毎日のように、さまざまな場所で交通事故が起こっています。日ごろ車を運転していないという方であっても、交差点など、なんらかの形で事故に遭ってしまう可能性は決して低いものとはいえません。

万が一、交通事故に遭った場合、加入をしている自動車損害保険会社に交通事故相談を行い、担当者が付いて示談交渉を行ってもらえます。ただ、自動車に乗っていなかった場合などは、個人で相手方の担当者と交渉を行うことになります。お乗りになっている自動車に、弁護士特約を付けている場合には適用ができますので、弁護士と面接相談をして、交通事故相談を行いましょう。

心強い交通事故相談

もちろん交通事故相談を利用すると、問題が最もいい形で解決するために、物理的に対応してもらえるだけではなく、メンタルにおいても心強くなる事でしょう。交通事故相談を受ける事で法律家に励まされる事もあるでしょう。

どうしても事故の直後というのは不安やショックを感じる事が多いですが、交通事故相談を受ける事で元気を取り戻す事ができればいいでしょう。交通事故相談は家族に相談するのとは全く異なります。

家族ではできる事に限界がありますが、法律家はあらゆる事が対応可能となります。交通事故相談を受けて気力を回復する事ができれば、きっと怪我も早く完治し、元の生活に戻る事ができるでしょう。

弁護士へ交通事故相談したい時には

万が一、何らかの交通事故に巻き込まれてしまった場合、交通事故相談に困った時には、弁護士基準となる慰謝料の計算や相場などの金銭面や、後遺症認定までの手順など、幅広い項目を無料で相談できる専門機関が数多く存在しています。

また東京、名古屋、大阪、横浜、千葉、埼玉、福岡などの大都市を中心に、地域に密着した弁護士事務所をインターネットで探すことが可能です。一般的な知識のみでは把握できないような制度や、交通事故が実際に起こってしまった時にどうすれば良いかという問題など、相談することによって見直し作業が行われます。

交通事故弁護士へ相談したい時に

交通事故弁護士への相談が必要となるのは、交通事故の被害に遭った時などです。自力で保険会社と交渉して解決することを考えても、さまざまなトラブルや不利益のリスクが存在していることもあります。

交通事故について正しく理解した上で必要な手続きを進めるには、専門家からの情報も欠かせません。死亡事故、交通事故で重傷を負った場合、 交通事故の怪我によって後遺障害等級が認定、さらには、保険会社から損害額を提示されたにも関わらず、妥当な金額なのか判断できない場合など、専門的な知識が必要な場面ということが、数多く見受けられます。

後遺障害を負った時の交通事故 弁護士相談

交通事故の被害に遭ってしまった時に問題となるのが、加害者との間に発生する慰謝料や賠償責任に関する事柄です。後遺障害などを負った時など、通院や入院を含む金銭面の問題は、なるべく速やかに対処してほしいと願う方も多いことでしょう。

当事者同士での条件交渉がなかなか進まない時など、交通事故 弁護士への相談も必要な作業のひとつとなります。保険会社を通じて加害者から提示された条件に不満がある場合、さらに提示された金額の相場が分からない場合など、弁護士を通じて交渉を進めることにより、不利益にならない結果が望めます。

大阪弁護士会

HP

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故相談に関連する記事

笑顔になれる弁護士相談

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料