心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

司法書士に取り戻してもらう過払い金

過払い請求はテレビなどでも度々話題に取り上げられるので、弁護士を雇えば払い過ぎたお金が戻ってくるということを知っている方は多いです。

しかし、弁護士以外にも解決をお手伝いできる人がいることはあまり知られていません。司法書士は調停や裁判の代理人にはなれませんが、訴状を作成したりすることができます。

ここで大切なのは「調停や裁判をおこすこと」ではなく、相手方にきちんとした証拠を揃えて過払い金があることを認めさせることです。多くの方が調停や裁判を経ることなく過払い金を取り戻しています。

司法書士に書面を作成してもらい、相手方に交渉することで取り戻すこともできるのです。費用は弁護士に依頼するよりも安くすみます。

過払い金の請求と弁護士の選び方

過払い金の問題を抱えている人は、決して少なくありませんが、過払い請求のタイミングをきちんと理解することで、早期に解決策を考えることが可能となります。 また、優秀な弁護士にサポートを依頼することによって、様々なケースに対応できることがあるため、早いうちから法律事務所のシステムの特徴をチェックすることが良いでしょう。

現在のところ、過払い金の返還請求のポイントについて、多くの若者たちの間で注目が集まっており、いざという時に備えて、常日ごろから様々な立場の人の体験談に目を通しておくことが望ましいといえます。

多重債務があるなら過払い金の返済請求をしよう

多重債務があるなら過払い金の返済請求をしてください。借金を借りる際には利子が設定されますが、法律が改正されて利子の上限が下がったのです。これにより、これまでに多くの利子を払っている人がうまれています。

そのような人は、債務整理の手続きをするだけで過払い金が戻ってきます。この手続きは本人でも行えますが、司法書士や弁護士に相談することをおすすめします。消費者金融などの金融機関と上手に話をつけてくれるからです。まずは、どのくらいの過払い金があるのかを計算してもらってください。無料で教えてくれる専門家がいます。

過払い金返還を弁護士に依頼するメリット

数年前から法律事務所のCMやホームページでは、さかんに「過払い金返還」という文字が躍っています。もはや一つのビジネスになっているようです。しかし、弁護士といえばその手数料の高さ。自分でやれれば、それに越したことはありませんよね。どこにメリットがあるのでしょうか。

実は、貸金業者との交渉にあります。相手が誰かによって返還する率を変えているとのことです。その差は歴然、借主本人ならば半分かそれ以下、弁護士ならば80%から満額というところです。もっとも、最近はいきなり裁判で過払い金返還を求めるケースが一般的とのことですので、それならばなおさら法律の専門家、弁護士に依頼するメリットは大変大きいものといえます。

過払い金請求・個人訴訟の注意点

過払い金請求・個人訴訟の注意点は、準備にかなりの労力と時間がかかることです。 例えば金融機関から「取引履歴書」を取り寄せ、それを基に現在の法定利息に計算し直した「引き直し計算書」、過払いがあることを説明するための「証拠説明書」を全て自分で用意しなければなりません。

さらに実際に裁判が始まると、相手の主張に対する反論を事前に「準備書面」で提出しなければなりません。ですからかなりの勉強が必要です。 裁判相手は、金融機関側の過払い金返還請求訴訟のプロの担当者があたります。ですから生半可な知識では簡単にやり込まれてしまうのです。

弁護士に可能な過払い請求手続き

借金問題における過払い請求が発生する場合、弁護士への依頼が可能です。これまで長期間に渡って借金を返済してきた方の場合は特に、利息などの金額を払いすぎているケースが多く、請求の手続きをおこなうことで、払い過ぎているお金が戻ってくる可能性もあります。

過払いの手続きをおこなった段階で、請求先となる金融業者に通知がわたるため、借金の取り立てや返済請求を行うことができなくなります。そのため、頻繁に取り立てられることもなく、落ち着いて対処できる仕組みにもなっています。過払い分のお金の存在によって、抱えていた借金問題も解決することがあります。

弁護士相談に関連する記事

笑顔になれる弁護士相談

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料