心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

離婚なら司法書士へ

離婚する時というのは、話し合って決定しないといけない事が多いみたいです。しかし、何らかの原因によりすでに仲が良くない状態となってしまっている事が多いので、そんな状態で話合いができないという事が多い様ですね。しかし、できる限り話合いで納得できる様にしておく必要があるでしょう。

ぜひ司法書士を通した話合いをする事をお勧めします。

司法書士を通すと必要なやり取りはしっかりと行ってくれます。喧嘩ばかりして話が前に進まない、という事を防ぐ事ができるでしょう。もちろん法的なアドバイスもしてくれる事でしょう。

できる限り最後まで大きな不満が残ったままとなってしまいたくはないですね。

浮気離婚慰謝料の相場は法律で決まっているの?

浮気離婚慰謝料は浮気という不貞行為によって受けた精神的苦痛を損害賠償として請求することができるのですが、その金額は法律で決まっているのではなく、不貞行為によって夫婦関係にどういう影響を及ぼしたかということとその事案の内容や状況によって変化します。

例えば不貞行為の結果、別居せず夫婦関係を継続する場合、別居する場合、離婚する場合とでは約50万円から300万円と開きがあります。また、なぜ不貞行為に至ったのか、期間はどれくらいか等の不貞行為に関する様々な要因を鑑みて算出されるので離婚に至った場合でも約300万円もらえるわけではなく浮気離婚慰謝料は増えることもあれば減ることもあります。浮気されてしまった側はつらいかもしれませんが、しっかりと不貞行為の検証をすることが重要となります。

離婚弁護士の具体的な仕事内容

二人ではなかなか進まない離婚問題を進展させてくれるのが離婚弁護士の仕事で、裁判ではなく話し合いで決着をつける場合でも、二人の話し合いではうまくいかないので、法定代理人として話し合ってくれるのも仕事です。

裁判等になると当事者の精神的な負担は大変なものでそれを軽減すると言うことがあり、具体的にはどうしても感情的になりがちな当事者を冷静にしてくれます。 また離婚をしたいくらいなので、相手に言いたいことはたくさんあるわけですが、それが裁判等にとって有益であるかどうかを判断するのも仕事です。 一人では気分的に緊張する調停に同席できるのも離婚弁護士ならではです。

訴訟の対応もできる離婚弁護士

場合によっては法律家以外の人が離婚の相談を受け付けている事もあります。確かに、離婚弁護士に相談するというのは、大がかりな感じがする事もあるでしょう。しかし、離婚弁護士に相談すると訴訟の対応までしっかりと行う事ができるという点においていいと思われます。

離婚弁護士は可能な範囲で交渉する事によって、無事に離婚が成立できる様に努力してくれるかと思われますが、それでもどうしても上手くいかない時には、訴訟になってしまう事もあるでしょう。そのまま離婚弁護士に依頼を継続する事で、対応してもらう事ができます。訴訟を考えている場合や、訴訟が避けられないという時には、離婚弁護士に相談しましょう。

信頼できるヒーローのような離婚弁護士

法律に携わるプロは行政書士や司法書士などが存在しますが、行政書士や司法書士は書類を作成する業務なので信頼があっても直接的に恩恵を感じる可能性は少ないです。 一方、離婚弁護士は自分が苦しい立場にある時に身近に寄り添って頂けますし、時には代役となり難しい交渉に立ち向かっていって頂けます。

しかも、離婚弁護士は難しい状況下でも依頼主のためにしっかりと成果を残してくれるので、離婚後の養育費などに際しても高額な費用を約束してもらえるのです。 さらに、無事に離婚した後でもトラブルがあった時には離婚弁護士が再度サポートしてくれます。

離婚弁護士に回答をもらいましょう

離婚をするべきかどうかを迷っている人は少なくありません。多くの人が自分たちだけで問題を抱えて、夫婦関係をさらに悪化させてしまうのです。そうなる前にまず、離婚弁護士に相談をして、回答をもらうようにしましょう。

離婚相談を扱う弁護士は、あらゆる離婚のケースを知り尽くしています。どういった理由によって離婚をするのかによっても手続きが変わってきます。

たとえば、相手側に離婚をする理由がある場合には、あなたが配偶者からお金をもらえることがあります。また、財産分与の話もしなければなりません。それらの問題可決を離婚相談を受けた弁護士が行ってくれます。

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料に関連する記事

笑顔になれる弁護士相談

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料