心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

もしもの時に知っておきたい交通事故慰謝料の弁護士基準と裁判所基準について

交通事故慰謝料には、自賠責基準と弁護士基準があります。弁護士基準と裁判所基準は同じで、裁判での判例をもとに定められています。地域によってそれぞれ基準は異なり、公開されています。交通事故慰謝料は、人身事故の被害者の肉体的苦痛と精神的苦痛に対して賠償されるものです。

交通事故の件数は膨大であるため、被害者に最小限度の補償を確保することを目的にした自賠責保険では、慰謝料に関してケースバイケースの対応とはせず、簡単な算出式で機械的に計算することになっています。重傷でも軽傷でも関係がなく、入通院頻度と、症状固定までの日数ですべて決まります。

しかし、重傷であるほど、通院頻度が少なくなる傾向があったりしますから、実情に即した金額の算出は難しい面があります。裁判所基準では、重傷と軽傷は分けて考慮しますし、入院と通院も区別します。加害者がひき逃げや否認をした場合などは、慰謝料増額事由となり、慰謝料が増額されます。

ただ、この基準が採用されるのは、弁護士がついたときとなります。個人で加害者側と交渉した場合は、その基準の適用は困難です。加害者が任意保険に加入していて、任意保険会社が交渉相手となっている場合は、可能性はありません。

交通事故慰謝料でとにかくどうしたらいいかわからない時の弁護士基準とは

今や交通事故のニュースが毎日のように見聞きしますが、実際に交通事故を起こすことは滅多にありません。そもそも、交通事故自体起こしてはならない事ですが実際に交通事故を起こしたり巻き込まれたりした場合冷静に対処できる人とそうでない人がいます。

もし事故を起こしてしまった場合には、交通事故慰謝料というものが発生します。被害者に対して誠意を持って対処し支払うものですが、どうしたらいいかわからない事がたくさんあり当事者同士で解決することは困難です。そういった場合には弁護士に相談し、交通事故慰謝料を弁護士基準で考えてもらえば迅速に事案を対処する事ができます。法に則った考えや意見を聞けますし下手に当事者同士で解決したとして慰謝料の金額に相違があった場合や、忘れた頃になって再度慰謝料を請求してくる恐れもあります。

こういったケースは例年を通してよくあることです。また仮に円満に解決できるとしても、もし万が一別問題が発生してしまった時の対策を考えるべきです。法に関してわからないことをうやむやにせず、互いに法律に強い弁護士を介して解決しましょう。分かっている、大丈夫だと思っていても自分で解決せず最善の選択を取るべきです。

追突事故の交通事故慰謝料と弁護士基準について

今の時代、車を持っていないとなかなか生活しにくい場合があります。しかし、車を持っていると事故に会う確率が高くなってしまいます。いくら自分が気をつけていても他の人が自分ほど気をつけているとは限りません。

そのため、事故は必ず起こるものと割り切っておいて、いざ事故が起こったときのためにきちんと知識を蓄えておきましょう。実際に交通事故に会った時、どのように対処していけばいいのか知らないと損をしてしまう可能性があるからです。注意しなければならない点はさまざまありますが、一番重要なのは交通事故慰謝料についての知識です。例えば、追突事故が起こったとします。当然被害にあった人は慰謝料を要求するわけですが、それぞれ貰える額が違います。条件は一緒なのに。

これはなぜなのかというと慰謝料を計算する時に3つの基準があるからです。自賠責保険基準・任意保険基準・弁護士基準の3つです。実は、自賠責保険基準で慰謝料を受け取ってしまうと弁護士基準の倍以上の損をすることになるのです。もしも、交通事故で相手が死亡していた場合は10倍以上に跳ね上がることもあり得ます。ですので、交通事故慰謝料を請求するときにはきちんと弁護士の力を借りて解決する必要があるのです。

交通事故慰謝料の弁護士基準と他の基準では慰謝料にどれくらい差が出る?

交通事故の被害に遭った時、交通事故慰謝料の算定が行われます。 この交通事故慰謝料の算定基準とされるのが弁護士基準、自賠責保険基準、任意保険基準の3種類となりますが、一般的に最も高い交通事故慰謝料を受け取るためには弁護士に依頼をすることとされています。

この時、気になるのが弁護士基準と他の基準ではどれくら慰謝料に違いが出るのかということでしょう。 結論からいえば、その差は低くても3倍以上、高い場合は10倍以上にもなった例があります。 例えば、後遺障害14級で比べてみると一般的に慰謝料がもっとも低くなるとされている自賠責保険では32万円となるところが弁護士に依頼をすることで110万円となっており、その額は3.4倍です。

任意保険基準の場合は、各保険会社によって変わってくるため、慰謝料の額は明確ではありませんが、平均して自賠責保険と弁護士の中間の額程度が目安となっていますので、やはり慰謝料の金額には大きな開きがあるといえるでしょう。 またこれはあくまで後遺障害で比べた場合ですので、それに加えて入通院慰謝料や交通費、将来的な損失なども慰謝料に含めると、その差はさらに広がるといえます。 ですので、納得のいく慰謝料を受け取るためには弁護士に依頼することが一番なのです。

交通事故慰謝料の弁護士基準は存在するのか

交通事故慰謝料の計算方法については、弁護士基準や自賠責基準、任意保険基準などの3つの基準があります。計算する基準によって金額は大きく変わってきます。被害者側の立場になると、加害者側に提示された慰謝料を合わせた金額だけで示談するか、もしくはどうするかを決めるのではなく、その様に算出された金額がどうやって導かれたものなのかを確かめ、金額に誠意ある条件の提示にされているのかを知らないと、損をしてしまう可能性が多いにあります。

損をしない為にも交通弁護士の様な、交通事故に強い専門家に依頼することは重要です。

交通事故慰謝料の弁護士基準の詳細とは

交通事故の被害者になってしまった際に、むちうちなどの症状に気をつけなければなりません。なぜならばむちうちは、後から症状が出てくる可能性があり、後遺障害にも認定される怪我であるからです。

この場合には交通事故慰謝料は、発生してきますが、自力で行うと一番安い基準での慰謝料の支払いになってしまう可能性があります。そのようにならない為にも、弁護士基準弁護士基準での慰謝料請求が必要になってきます。一番確実な方法として知られているのは、弁護士に依頼することです。不安や疑問がある際には、無料での相談に応じてくれる事務所も多いです。

大阪弁護士会

HP

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故相談に関連する記事

笑顔になれる弁護士相談

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料