心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

離婚問題を解決

離婚する夫婦が増加傾向にある現代。
弁護士へ、離婚問題の解決のために依頼される方も増加傾向にあります。

離婚問題は金銭の問題があるため、円満離婚とならないケースも多く、慰謝料や財産の切り分けなどは、当人だけでは解決にいたらないケースが多いようです。

また、「熟年離婚」も定年を機に、離婚するというものが多く、長年夫婦であっただけに、問題は複雑化することも珍しくありません。

離婚問題は、精神的にも当事者への負担が大きく、長期化するなどすれば話し合いの解決の糸口が見えないといったこともあり、法的に解決することが離婚を進める上では、いいのかもしれません。

離婚弁護士に状況を説明するには

パートナーとの離婚に際して、当事者間の話し合いや調停での話し合いなどでも、スムーズに離婚をすすめたいのであれば、離婚弁護士を雇ったほうが良いでしょう。

弁護士のような法律の専門家でも、必ず得意な分野がありますから、離婚問題を出来るだけ満足のいく形に持って行って解決したいと考えるならば、離婚問題に特化した離婚弁護士に相談しましょう。

そのとき、どのようないきさつで離婚を決意するに至ったのかなどの状況を、口頭で説明するのも悪くはありませんが、出来れば証拠や文書にまとめると離婚弁護士にも状況が伝わりやすいでしょう。

離婚相談は弁護士

家にいる時に夫から暴力を受けているという人もいる様ですね。この問題に関しては、一見すると具体的な解決の方法が分かりにくいかもしれませんが、弁護士に相談すると解決できる事もある様です。

毎日、暴力を振るわれるのではないか、という不安を抱えて生活するのであれば、思い切って離婚するという方法もあります。暴力がエスカレートした場合には、大きな怪我につながる事もあります。

家庭内暴力の問題は自分だけで抱え込まない様にしたいですね。怪我をした場合には証拠を残すために、携帯電話で写真を撮っておくなどするといいそうです。

そして、弁護士に相談して、最善の解決策を見つけ出したいですね。

専業主婦が離婚相談を行う場合には

専業主婦が離婚を考えて離婚相談を行う場合、働いている女性より注意が必要です。まず考えられる危険が、離婚を考えていることを夫に知られ、家から追い出されることです。実家等行き先があればよいのですが、ない場合は路頭に迷うことになります。

収入がないと賃貸契約を結ぶのも難しいです。離婚後の生活のことも考えて、一日も早く収入を得る手段を確保することが大切です。また、離婚相談をする専業主婦の中で勘違いが生まれているのが、離婚をすれば女性が慰謝料を貰えるというものです。女性から離婚を切り出した場合慰謝料が貰えることはありませんし、たとえ夫からの暴力や不貞行為があっても、慰謝料を当てにして生活設計を考えるのは現実的ではありません。

離婚相談は離婚調停を考えて

離婚を考えている人は、夫婦間の話し合いがまとまらずに、悩んでいる人も多いでしょう。離婚を望んでいる人は、第三者に入ってもらうことで、離婚相談しながら、話がスムーズにまとまることが多いです。

離婚調停は、家庭裁判所に申し立てを行うことで、調停員が中に入り、お互いの話をまとめてもらえます。家庭裁判所へ申し立てを行う場合は、住民票の住所地の管轄家庭裁判所になります。

別居していて、相手が遠方に住んでいる場合は、相手の住所地へ申し立てを行うことになります。離婚相談を行うことで、離婚が進まない場合でも、事務的に離婚調停が行われるので、利用してみると良いでしょう。

手続きについて教えてもらえる離婚相談

どの様に離婚の手続きをすればいいのか知りたい場合には、離婚相談を受ける事で、詳細を教えてもらう事ができるでしょう。離婚届けを記入して提出すれば完了する事になるかと思われますが、相手が拒否している場合や家を出たなどという場合もあるでしょう。

離婚相談を受けると、あらゆるケースにも対応する事ができます。また、離婚相談を受けると、部分的に手続きを代行してもらえる事もある様です。また、自分で手続きを行っているが交渉で行き詰っているなどという場合にも離婚相談を行う事で問題を突破できる事もあるでしょう。弁護士だからこそ、いかなる離婚相談であったとしても解決できる事もあるかと思われます。

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料に関連する記事

笑顔になれる弁護士相談

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料