心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

依頼主の心からの笑顔のために

弁護士の相談業務の内容は、多岐に渡ります。

法が絡むものであれば、ほぼ何にでもトラブルとなる可能性があります。
そういった場合は、弁護士に依頼し早期のうちに解決することをお勧めします。

よくあるのが借金問題(債務整理、過払い、自己破産、任意整理)、離婚問題、交通事故などです。

過払い請求ついて

過払い請求を解決上限を超えた利息と過払い金の返還請求
過払い大阪過払い返還請求の権利と司法書士
過払い司法書士に取り戻してもらう過払い金
過払い請求がある場合は弁護士に相談を多重債務の場合は過払い請求ができる?
消費者金融以外の会社に対して行う過払い請求弁護士や司法書士に相談する債務整理と過払い

弁護士ついて

弁護士に企業法務に関する相談弁護士は相談回数を増やしている
弁護士大阪弁護士には守秘義務という重たいルールがある
弁護士大阪在住の民事事件が得意な弁護士
弁護士も相談内容を理解してから兵庫、大阪で任意整理が得意な弁護士

弁護士の債務整理等についての解任について

過払いというのは、本来払わなくてもいい金利等を余分に払っていた場合をいう。過払いにおいては、返還請求を当然にするとこができる。

しかし、この請求権も債権なので消滅時効が、一定期間内に請求しないといけない。権利に胡坐をかくものは救わないというのが法律の趣旨です。自分で過払い金返還請求してもいいです。

しかし、法律がからんでくるとややこしいので、専門家である弁護士に依頼するというのもあります。特に、債務が複数であり、債務整理が必要な案件では、非常に複雑な事案になります。その場合には、弁護士に頼んだ方が早いです。

その場合には、弁護士に委任するのは、完全に本人の自由です。

また、私的代理人を解任するのはあなたの自由です。合う合わないがあります。

費用等についての扱いは相談しましょう。費用を払うと解任するかは別問題です。

交通事故相談ついて

交通事故相談内容交通事故相談後遺障害
交通事故相談交通事故相談のメリットとは
交通事故相談刑事処分交通事故相談で後遺障害の慰謝料を有利に

交通事故慰謝料ついて

交通事故慰謝料にペットは含まれるのか?早期に交通事故慰謝料相談
後遺症の等級と交通事故慰謝料交通事故慰謝料の弁護士基準と裁判所基準
交通事故慰謝料と弁護士基準の重要性交通事故慰謝料で弁護士基準ってなに
交通事故慰謝料司法書士に相談する交通事故の慰謝料
交通事故慰謝料弁護士基準弁護士基準で得られる交通事故慰謝料

交通事故弁護士ついて

交通事故弁護士に相談交通事故弁護士の必要な時
交通事故弁護士交通事故弁護士と損害賠償を解決
損をしないための交通事故弁護士親身に対応してもらえる交通事故弁護士

むちうち慰謝料相場ついて

むちうちの慰謝料相場と増額の方法むちうちの治療の延長と慰謝料相場
むちうち慰謝料相場むちうち事故の保険料と慰謝料相場
慰謝料の相場は治療期間で変わりますむちうちにより手術が必要な人の慰謝料相場とは

相続手続きついて

相続手続きの期限相続税などの相続手続き相談は連携がとれた事務所へ
相続手続き相続手続きの期限
相続手続きの費用遺産相続手続きの遺留分について

遺言書作成ついて

遺言書作成のポイント遺言書作成の方式を決める
遺言書作成遺言書作成で財産相続のトラブルを回避
遺言書作成の効力公証人に遺言書作成をしてもらう方法
遺言者の遺言書作成について相続税税務調査

過払い請求と取引記録の開示請求について

過払い請求をするためには、利息制限法に従い、返済日、金額等の取引記録の情報を入手する必要があります。

この記録を入手するには、任意に情報開示を求めることも考えられますが、貸金業法19条の2に基づく開示請求をすることが確実であるといえます。

開示請求書には、開示を求める文書及び開示を求める理由を記載するとともに、附属書類として印鑑証明か免許証、健康保険証、年金手帳のコピー等を用意する必要があります。また、仮に取引記録が一部しか開示されなかった場合には、監督官庁に行政指導をしてもらうよう要請することが考えられます。

過払い金の相談は弁護士へ

2006年に貸金業法が改正されるまでは、グレーゾーン金利というものが存在していました。本来は利息制限法で金利の上限は定められていたのですが、出資制限法というものがありこの法律の上限金利を超えない限りは利息制限法の上限以上の貸し付けの場合でも刑事罰が課せられなかったのです。

ですが、貸金業法の改正で出資法の上限金利が利息制限法と同等に引き下げられグレーゾーン金利はなくなりました。

現在はグレーゾーン金利で借入れをして、払いすぎていたお金は過払い金として貸金業者に請求ができるようになっています。大阪にお住まいでお心当たりのある方は一度弁護士に相談してみてください。

過払い請求の悩みを解消する方法

本来の規定の利率を高く請求された場合に、過払い請求ができます。これは、借金を抱える多くの方に当てはまるものです。しかし、個人ではなかなかやり方もわからないと思います。そこで、気軽に助けてくれるのが弁護士です。

請求書類を持参すれば、事務所が計算して過払い金額が明瞭になります。そして、代理人となって支払い過ぎたお金を取り戻してくれるのです。過払い請求は権利です。

取られ過ぎたお金を返してもらう大切なことです。申し訳ないなどと遠慮しないで、堂々と実行しましょう。もちろん弁護士への報酬はかかりますが、返ってくるお金の中から支払えるので、一歩を踏み出してスッキリしましょう。

専門性が問われる過払い請求

最近では過払い請求という言葉をよく耳にする様になりました。過払い請求は、借金返済を行う際に、過度に支払い過ぎている分を取り戻すための手続きとなり、弁護士などが対応してくれます。

過払い請求と聞けば、専門性が高く難しそうに感じられる事もあります。しかし、多くの場合、過払い請求は弁護士に依頼して行われますので、依頼する人は専門的な知識がなくても、特に困る事はないでしょう。

過払い請求では、金融機関の窓口の担当者と専門的な話を行わないといけません。

しかし、弁護士であれば、法律家として知識を活用する事で、最終的には無事に問題が解決できる事もあります。交渉に当たり専門性は重要です。

モラハラ離婚の原因となる旦那の傾向

モラハラ離婚という言葉が使われるようになったのは比較的最近ですが、古今東西を問わず存在していました。心の安らぎ場である家庭が、苦しみの場となるのは本当に辛いことです。

ではモラハラ離婚の引き金となる旦那にはどのような傾向があるでしょうか。怒りやすく、感情をコントロールすることが苦手であることが特徴です。自己中心的で責任転嫁をする傾向が見られます。

相手を見下すような態度でコミュニケーションをとります。こうした人格が形成される背景には、家庭環境が大きく関係しています。同じような親に育てられたことで、そうなってしまうようです。

交通事故慰謝料はどれだけ増額できるのか

交通事故慰謝料について、弁護士に相談をしたらどれだけ増額できるのかは、ケースバイケースです。場合によっては2倍、3倍にまで増額できることもあるようです。弁護士費用を差し引いても、大きなメリットがあります。

交通事故慰謝料は、賠償金の金額が大きいときほど、任意保険基準と裁判所基準の差が大きくなるようです。

保険会社が提示した金額が30万円なら、2倍になっても60万円ですが、200万円なら、2倍にしたら400万円なので、大きな差が出ています。

もちろん、ケースバイケースなので一概には言えませんが、少しでも納得がいかなかったら無料相談だけでも受けてみましょう。

交通事故慰謝料弁護士基準についての交通事故相談はお早目に。

交通事故慰謝料と弁護士

交通事故慰謝料は、交通事故にあったときにけがや精神的苦痛をうけた際に支払ってもらうものですが、保険会社に相談すると被害者への慰謝料を算定するため、被害者に不利な示談金額になるときがあります。それでは納得がいかないことも多いです。

泣き寝入りするまえに、交通事故専門の弁護士に相談してみるのもひとつです。解決事例もさまざま報告されています。

交通事故によって被った傷害で通院していた人が交通事故専門の弁護士に相談したところ、後遺障害診断を取り付けることができたり、通院状況や治療状況を立証して被害者請求したところ認定の等級も上がり、大幅な増額に至ったケースもあります。

交通事故慰謝料って請求してからもらえるまでどれくらい?

交通事故慰謝料の請求を始めてから実際に振り込まれるまでどれくらいかかるのでしょうか?あまり遅くなりすぎても治療費用などで家計が圧迫されて困ってしまうという人も多いですよね。

しかし弁護士基準を使用できるから弁護士に依頼したという場合でも早くて3か月、長いと半年ほどかかる場合もあります。

そのことを踏まえて、診断書が出たらすぐにでも依頼をかけてしまった方が安心でしょう。できればこの診断書作成時から頼んでおくとベストかもしれません。(診断書は今後の手続きにおいてとても大事な役割を持ってくるので、内容にとても注意が必要)

基準が異なる交通事故慰謝料

交通事故に遭ってしまった場合には、自力で加害者側と交渉をおこなうような人もいます。しかしながら、知識や相場などが分かっていなかった為に、損してしまうようなこともあるようです。

場合によっては多くの被害が出るようなケースもありますので、きちんと正当な交通事故慰謝料を受け取るようにしましょう。

交通事故の慰謝料の基準となるのが交通事故慰謝料ですが、弁護士や専門家に相談することで、弁護士基準である高い基準の慰謝料を受け取れる可能性も出てきます。そのようなことを踏まえて、加害者との交渉に挑むようにしましょう。

引き上げたい交通事故慰謝料

交通事故を引き起こされてしまった場合には、さまざまな損害がかかることでしょう。そのような際には正当な交通事故慰謝料をもらうことが求められます。

しかしながら、一般の人においては交通事故について知らない人も多く、なかなか思い通りに対応をしてもらえないようなケースもあります。

加害者側の保険会社においては、自分の会社の費用にもなりますので、できる限り値切ろうとしてくるはずでしょう。

そのようなことがないように弁護士に依頼することで、交通事故慰謝料を弁護士基準にし、引き上げをしましょう。そのような事例は数多くありますので、より良い方向に行くでしょう。

早めの交通事故弁護士への相談で有利に示談

交通事故の被害者になってしまったら、示談交渉で損をしないために交通事故弁護士に相談をして交渉に関するアドバイスをもらったり示談の代理人になってもらうのが安心です。

交通事故弁護士に依頼するタイミングについては、多くの場合示談交渉がこじれてから相談に訪れています。

しかし、加害者側の保険開始のペースに巻き込まれてしまわないためには、できるだけ早く、交通事故が起こった直後にサポートを依頼しておくのが一番です。

早めに交通事故弁護士に味方になってもらっておくことで、賠償金額を決定するのにベースともなる過失割合の決定についてもアドバイスがもらえます。

交通事故弁護士を頼るメリット

交通事故に遭遇した直後というのはパニックに陥ってしまう方がほとんどですが、そのときに相手の言うことをすべて承諾することだけは避けましょう。中には詐欺のようなものもあるので、交通事故弁護士などの専門家を頼った方が安心できます。

ただ詐欺のようなものから守ってくれるだけでなく、煩雑に感じる書類手続きなどを代行してくれます。

怪我を負って入院や通院が必要の場合には慰謝料金額が大幅に変動することが多いので、そのときに適正金額を提示してもらえるなど様々なメリットがあります。

いきなり依頼するのが不安な人でも、無料相談を行っている事務所があるので利用してみると良いでしょう。

交通事故弁護士に依頼するメリット

事故に遭ったとき、弁護士に頼むのは少し大げさな気がすると考える方もいらっしゃるかと思います。

そもそも、交通事故弁護士に依頼するメリットは何でしょうか。交通事故に遭ったとき、治療費や休業補償などの賠償金を支払ってくれるのは、加害者側の保険会社です。

保険会社としては、利益が減ってしまわない程度の賠償金額を支払いたいと考えます。

しかし、それでは被害者が損をしてしまいます。そこで交通事故弁護士に依頼すると、賠償金を算出する基準の中で最も高いといわれる裁判所基準での賠償額を得られます。

被害者側の保険に弁護士費用特約がついているものもありますので、いざというときのために確認しておきましょう。

後遺障害を負ったときは専門家の交通事故相談を利用しよう

交通事故被害で後遺障害を負ったときは専門家の交通事故相談を利用することが大切です。

加害者側が任意の保険に加入しており、保険会社から様々な補償が受けられるので安心だと思われがちですが、示談交渉の際に被害者自身で交渉を行うと本来受けられるべき充分な補償が受けられない恐れがあります。

そこで利用したいのが交通事故の相談を行う専門の弁護士で、専門性の高い交通事故に関する知識はもちろん、豊富な示談交渉の経験から自分の後遺障害の状況で受けられる適正な補償内容と示談交渉の方法を知ることができ、示談交渉の際に早期解決につながります。

弁護士に交通事故相談をした方がいい場合

一体どういった事例の際には交通事故相談を弁護士にした方がいいのでしょうか?

依頼するにはそれなりにお金がかかってきますのでやはりいざという時の手にしておきたいものです。もし慰謝料について加害者ともめている時に相手が弁護士を雇うようなことがあればこちらも雇った方がいいでしょう。

弁護士さんはプロです。自分の依頼主にとって一番いい案を提示してきますが、それが自分にも都合がいいかどうかは別です。

そういった判断を自分でするのは難しいので間にやはりプロに入ってもらった方がいいです。

弁護士さんと弁護士さんで交渉してもらった方がお互いにとってメリットがあります。

事故後の示談に難航したら弁護士へ交通事故相談

もしも自動車事故を起こしてしまった場合には、きちんとした初期対応が取れるかどうかが重要となります。

まずは負傷者がいないかの確認、警察への通報です。場合によっては救急車の要請や、二次災害を防ぐために車を移動させたり同乗者を安全なところへ避難させたりします。

また、保険会社に加入している場合は、速やかに連絡しましょう。

そして、事故直後の現場の記録と、相手の連絡先を聞きます。

携帯などで写真を撮っておくとよいでしょう。こうした対応が取れるかどうかで、後々慰謝料が大きく変わってくる事例もあります。もし慰謝料の額に不満がある場合は、早急に弁護士へ交通事故相談をしましょう。

交通事故弁護士ならむちうち慰謝料相場を高くできる

交通事故に遭遇したとき、しっかりと慰謝料をもらうために、必ず警察を呼ぶことが大事になってきます。保険会社の支払いには、原則交通事故証明書が必要で、これは警察に届け出ないと発行されません。

交通事故が原因でむちうちになり、入通院をした場合の領収書は必ず保存しておきましょう。自動車同士の事故の場合、治療期間が終わると、任意保険会社から示談金の話があります。

保険会社は営利企業であるため、金額を抑えたいのが本音です。そのため、むちうち慰謝料相場は、任意保険会社の基準より、弁護士基準の方が高くなります。

できるだけ多額の慰謝料をもらうためには、交通事故弁護士に相談し、代わりに交渉してもらうと良いでしょう。

交通事故で生じるむちうち慰謝料相場

交通事故によって首を痛めた場合、むちうちによる慰謝料を保険会社に請求することができます。むちうち慰謝料相場は事故の状況によって金額に差は出ますが、病院に通った日数やリハビリの回数から算出された金額を受け取ることができます。

もちろん、湿布などの薬代も慰謝料の一部です。

その金額に決まりはなく、上限なども国に指定されたものはないので、保険会社独自の計算方法となります。

交通事故弁護士に相談し、最低限受け取れる金額と妥当な金額を教えてもらい、それらを踏まえた上で、自分で交渉して値段を上げることができます。大体の保険会社は2、3回ほど値段交渉に応じて、金額をアップしてくれます。

相続手続きの期限を調べよう

相続手続きを行うためには、あらかじめ定められた期限をしっかりと守ることが欠かせないポイントとして挙げられます。 近年では、顧客サービスの良い法律事務所に手続きを一括しようとする消費者が増えてきており、様々なリスクに備えて、優秀な法律家にサポートを依頼することが肝心です。

また、相続手続きを完了できるまでの期間の長さについては、素人が冷静に判断をすることが難しいケースがあります。

そこで、隙間時間を使いながら、同じような悩みを持つ人からアドバイスを受けることで、常に安心して行動をすることが可能となります。

相続手続きで始めに行いたい事

両親など親族が亡くなり葬儀が終わったあと、相続手続きを行っていく事になります。法律的に期限が決まっているものが多く、期限ぎりぎりで行うととても大変ですので、少しずつでも手続きを行っていく事が大事です。

まず始めに行いたいもので提出期限が近い手続きとしては死亡届の提出です。

提出期限は、死亡を知った日から7日以内で故人の本籍地、亡くなられた地域の市区町村役場に提出します。

病院で亡くなられた場合は病院で死亡届を発行してもらう事ができ、料金はだいたい5,000円くらいが相場です。提出されない場合、火葬や埋葬の許可をもらう手続きも出来ませんので、早めに行いましょう。

ミスをしなければ相続手続きも早く終る

短時間で相続手続きを終えるのは、そんなに難しいことではありません。用意されている書類に不備がなくて、相続をしなければいけない遺産の手続きを金融機関等が早めに進めてくれれば、すぐにでも相続手続きは完了します。

手続き中にミスを起こしていたり、書類の不備で提出のやり直しを要求されている場合が、一番面倒なのです。

提出する書類をしっかりと出さない限り手続きは進みませんし、ミスを起こしている場合は最初から手続きのやり直しを要求されるので、相続までに大きな時間がかかります。必要な書類のミスはできる限り避けましょう。

遺言書作成を行政書士に任せよう

遺言書作成のサポートが優れている行政書士の事務所は、ここ数年のうちに徐々に増えてきています。

特に、役所での手続きをスムーズに行う上で、行政書士などの専門的な資格を有するスタッフに継続的に相談をすることによって、様々なメリットを実感することが可能となります。

また、遺言書作成の効力の良しあしに関しては、冷静に判断をすることが難しいことがありますが、各分野の専門家から助言を受けることがポイントです。

その他、遺言書作成の費用の支払い額の相場をチェックすることで、経済的な負担を最小限に抑えることができます。

秘密証書遺言での遺言書作成

遺言書作成していくうえで、それぞれの方式から自身にあったものを検証していくでしょう。遺言書の方式の一つに秘密証書遺言というものがあります。

この方式を採用する人はあまりいませんが、遺言書の内容を誰にも知られたくない場合において、この方式が適用されます。

まず遺言者が遺言書を作成した後で署名と押印を終え、封印した後にその遺言書が秘密証書遺言である事を公証人や、2人の証人によって証明してもらう必要があります。

秘密証書遺言は自筆証書遺言と同様で、遺言内容をチュックしているのが自分だけの場合、無効になってしまうリスクもあります。

遺言書作成は簡単に行う事が出来ます

遺言書というのは、法律によってさまざまなルールが定められており、それを一つでも守っていない場合、遺言書が無効になってしまうこともあります。

法律に詳しい方は良いですが、ほとんどの方が法律はわからないので、遺言書作成をやめてしまう方が多いです。

そんな方は弁護士に相談をしてください。弁護士は無料で遺言書のチェックをしてくれます。法律は守られているのか、どのような点に気を付けて作成すれば良いのかなど、全て教えてくれます。こういうふうに書いた方が遺族に伝わりやすいなども、細かくチェックしてもらうことが出来るので遺言書を簡単に書くことが出来ます。

法テラスの弁護士の存在

以前に思いがけぬトラブルに遭ったという方の事例です。トラブル後1年近く経った時に、自身の証拠になる物が風化する頃を見計らった様に、高額の請求書と共に裁判所から訴えを起こされた通知が届いたという事例が過去にあるようです。

専門の法律事務所の弁護士を抱えて訴えを起こされた場合、全くの素人で経済的にも余裕の無い自分はなすすべもありません。

そんな時は法テラスの存在が役立つかもしれません。法に無知な方の相談を受けて、詳しく分かりやすく説明してくれ、的確な法の道標を示してくれる存在です。法律にも詳しくなり、弁護士達が身近に感じられる存在となるでしょう。

弁護士の仕事内容と依頼するメリット

弁護士は裁判時の代理人業務だけでなく、交渉や法律相談など業務も行っています。

法律事務所に相談するメリットとして、正しい法律知識と経験があるため、より有利に交渉を進められることや、介入してもらうことで安心感が生まれ、精神的にも楽になること、申立ての準備はもちろん、基本的には代理してくれるので裁判所に出向く必要がないなどのポイントが挙げられます。

秘密が漏れると心配する方もいるかもしれませんが、情報は同じ事務所内で共有される可能性はありますが、弁護士には守秘義務と懲戒制度があるため、依頼人は安心して相談することができます。初回無料相談の所も多いので、まずは気軽に法律相談してみるといいでしょう。

弁護士の専門分野について

法科大学を卒業して司法試験に合格して司法修習を終えた人が資格を得ます。

法律事務所と聞くとCMなどでよく耳にしますが、弁護士が属する事務所のことで、法律に関する仕事を依頼できます。例えば、債務整理や過払い金請求、離婚、法律相談、訴訟などに取り組みます。

複数人が所属する事務所や個人の事務所など様々な法律事務所があります。

複数の弁護士が所属する事務所のメリットは、相談内容に応じてその分野を専門としている方を紹介してもらえる可能性が高いのではないでしょうか。企業法務と呼ばれる仕事では企業を対象とした契約書審査、コンプライアンス、訴訟対応などの法務事務を行います。

最新トピックス

2018年8月20日過払いの実績が豊富な弁護士についての情報を更新しました。

2018年8月20日出張相談を利用する過払い請求の情報を追加しました。

次回の更新予定は2018年9月中旬に計画しています。

メニュー

TOP 過払い 過払い大阪 交通事故相談 交通事故慰謝料 交通事故慰謝料弁護士基準 むちうち慰謝料相場 相続手続き 遺言書作成 相続税税務調査 モラハラ離婚 弁護士大阪 弁護士

笑顔になれる弁護士相談

弁護士を利用することなんてほとんどの方はありません。最近は交通事故も減って来ているので余計です。ただ、離婚などでもめることも増えているので弁護士を利用することもあるかもしれません。

そんな時には弁護士会や自治体にご相談ください。自治体は知り合いがいるなどで相談しにくいというがあるかもしれません。

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料

弁護士