心の底から笑顔になる弁護士相談。交通事故慰謝料、過払いなどを弁護士、法律事務所で解決!

債務整理や過払請求から離婚問題、交通事故慰謝料、賠償金まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘。そんな弁護士事務所、法律事務所が大阪、京都、神戸にあります。

TOP > 交通事故慰謝料 > 交通事故慰謝料の計算

目次

  1. 交通事故慰謝料の計算
  2. 交通事故慰謝料の正しい対処
  3. 交通事故慰謝料の相場
  4. 交通事故慰謝料を含む賠償金

交通事故慰謝料の計算

交通事故慰謝料は入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の3つがあります。

またその中で基準となるのが自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準の3つです。この中で弁護士基準が最も高い基準のため、慰謝料の計算には弁護士基準で計算するのが最適です。

弁護士基準で計算するためには交通事故弁護士に依頼する必要があるので、保険内容に弁護士の交通事故の相談費用を追加しておくのがより効果的といえるでしょう。

損害賠償と慰謝料が違うという根本を理解しておくのが良いかと思います。

交通事故の際、より多く慰謝料をもらいたいのであれば、今からでも保険を見直して交通事故弁護士への相談を検討しましょう。

交通事故慰謝料の正しい対処

交通事故が起きたとき、当事者同士で示談を進めて交通事故慰謝料を支払うことになります。

内訳としては怪我の治療にかかった入通院費用や、むちうちをはじめとする後遺障害に対する慰謝料があげられます。

物損や精神的な苦痛に対しては保険では適用されないことが多く、お互いの主張が平行線を辿り、紛争に発展するケースも存在します。

保険会社のサポートを受けながら示談を進めても意見がまとまらないときは、弁護士などの専門家にお願いして落としどころを探すのもひとつの方法です。

それでもまとまらない場合は、裁判で決着をつけることもできます。

交通事故慰謝料の相場

交通事故慰謝料の相場には3種類の基準があります。自賠責保険で定められた基準のことを自賠責基準と言います。

自賠責保険は自動車を運転する者は必ず加入しなければいけない強制加入保険です。

被害者に最低限の補償をするためのもので、3種類の相場基準の中では最も低い金額になります。任意保険による慰謝料基準を任意保険基準と言います。

これは保険会社各々で設定金額は異なります。最も高い基準で慰謝料を請求することができるのが弁護士基準です。

過去の裁判所の判例をもとに基準を算出しています。自賠責基準や任意保険基準に比べるとかなり高い金額が設定されています。

交通事故慰謝料を含む賠償金

被害者に対して支払われる賠償金ですが、交通事故慰謝料との違いが気になっている人も多いと思います。賠償金と交通事故慰謝料は似ていますが、名前が異なる通り、内容も異なります。

交通事故慰謝料というのは、精神的または肉体的な苦痛に対して支払われるものであり、賠償金に含まれています。賠償金は、交通事故慰謝料だけではありません。

交通事故慰謝料の他にも、治療費や休業損害などが賠償金に含まれています。

難しい事については弁護士が対応してくれますので、細かく把握しておく必要はありませんが、基本となる事については理解しておくと役立つ事もあるでしょう。

法律相談の際にスムーズに話ができます。

交通事故慰謝料に関連する記事

笑顔になれる弁護士相談

借金問題、多重債務の解決は弁護士事務所、法律事務所へ相談を。過払い請求、自己破産、任意整理などの債務整理で解決します。

大阪府、京都府、兵庫県にも多くの弁護士、司法書士が過払い、債務整理などの相談にのっています。

交通事故相談

交通事故の慰謝料、示談金、むちうちや後遺障害の相場などは非常にわかりにくい。そんな交通事故の相談は交通事故弁護士に。

大阪、京都、神戸にも交通事故弁護士が多くの交通事故の相談にのっています。

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料

弁護士

兵庫県や大阪府の弁護士、法律事務所では企業法務や民事事件の相談にのっています。

弁護士に相談することは難しいことではありません。大阪弁護士会などでも相談にのっています。